カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

カーテン屋は気楽な家業ときたもんだ♪♪

NBAの田臥勇太選手の活躍はすごいですね。小さな日本人ががんばっている姿は我々に元気を与えてくれます。新潟の優太クンも、勇気と希望をあたえてくれました。小さな大ヒーロー、2人のユウタ君に感謝しながら今後の活躍を期待したいものです。

今日は、あちこち滋賀県までと、夜9時まで実測に行ってきました。最近はインターネットのホームページをご覧いただいてお問合せ、来店が急激に増えています。ありがたいことです。

今日も、お客様のところに伺ったら、そのお友達がお見えになっており、私のことをこのように紹介していただけるのです。
「この人な、サラリーマンをしていて、彼女に「勝手にしたら」といわれたのを「カーテン屋をしたら」と聞き間違ってカーテン屋をしゃ~はってん。おもしろいやろ」

ありがとうございます。

サラリーマンは気楽な稼業です。
カーテン屋は気楽だけど家業です

がんばります。

縫製代無料って?

アメリカ大統領選挙はブッシュの勝利に終わりました。
なにか変化を期待しておりましたが、このままでは、日本の政治も変化が望めません。それにしても、大統領選に対するアメリカ国民の盛り上がりはすごいですね。日本国民の選挙に対する無関心さは、アメリカと比較すると、この国の将来を案じます。

今朝の新聞の広告で同業者が「オーダーカーテン縫製代無料」を大きくうたっていました。業界の中にいるとこのからくりはよくわかりまして、そんなの他に上乗せしているだけなんですが、私が消費者の立場で、メガネの広告で、「フレーム代無料、レンズ代のみ」と書かれていると一瞬安いように感じるように「縫製代無料」は安く感じるのでしょうか。。

実際の商売の中で、縫製代がかからなというのはあり得なくて、その分は何かに上乗せしなければなりません。その場合、出来るだけ金額を抑えようとしますので、「縫製代無料」といっているところは絶対に綺麗な縫製はしないと思います。

私共は「縫製代無料」ではありません。しっかりいただいて、良い縫製にこだわっています。カーテンは吊って初めて商品です。購入時には価格が優先して、安売りの店で買われるかもしれませんが、私共は多少高くても心の満足を提供したく、こだわっております。
リピーターやご紹介いただくお客様が多いのもなによりの証拠です。

メーカー縫製って うめいか?

今日は会社は休みで久しぶりにゆっくりしました。朝少しだけ仕事をしましたが、6ヶ月ぶりの休みとなりました。

昨日のブログで、プロ野球の新規参入のことを少し書いたところ、5人の方のトラックバック(個人のブログにリンクをはるようなもの・下のtrackBackをクリックすると読めます。)がありましてほんとにびっくりしました。もちろんまったく知らない方で、インテリアとも関係のなさそうな方で、そういう人たちもこのブログを読んでいただいていることに驚きます。

また、先日の毎日新聞でも大きく取り上げていましたが、今、ブログがひじょうに流行っているとのことでしたが、こんなに多くのひとにブログが浸透していることも知りませんでした。

昨日の同業者との会合で「カーテン選びの常識のウソ」という話の中で、最近よくあるのがインターネットで販売しているところやこだわりのもっていない小売店では「メーカー縫製だから安心」という言い方をよくしていますが、ほんとうでしょうか。

メーカー縫製と言えども、各社バラバラの縫製仕様で、業界で統一されたものはなく、縫製レベルも相当違います。メーカー縫製だから綺麗ということはありません。
「メーカー縫製だから安心」といっている小売店やインターネットでの販売店で購入するときに、一社のメーカーから選べば、同じ縫製になりますが、2社以上のメーカーから商品を選べば、2社以上のメーカーに縫製を依頼することになり、当然縫製の仕様が違ってきます。

会社のユニフォームで、2社以上の会社に縫製を依頼した場合、見た目同じでも、縫い方が違ったり、ボタンの位置が違ったらおかしいと思うんです。

そういうことを事前に聞いて納得して買うのなら問題はありませんが、「メーカー縫製だから安心」というのは、なにが安心なのかなと思います。

最近は住宅メーカーも、インテリアのメーカーと直接取引きをするようになってきまして、我々は取り付け工事のみで、縫製もメーカー縫製になってきました。先日、メーカー縫製の現場をみてきましたが、びっくりするぐらいのレベルでした。

ラクテン(ギャクテン)された

プロ野球の新球団は楽天に決定しました。
新しい企業が新規参入することはたいへん喜ばしいことです。
私はこのブログをライブドアのサイトを借りて書いている関係でライブドアを応援しておりましたが残念です。
堀江さんが手をあげることによってプロ野球界にだいぶドアーを開けたことは高く評価できますし、これからもがんばってほしいです。三木谷さんにギャクテン(ラクテン)されたのは残念です。

今日は岐阜の産元に勉強しに行ってきました。3年前から同業者7社で勉強会をしており、産元と一緒にオリジナルな生地をつくったりしています。売れ筋の情報を持ち寄り、それを参考にしたり、海外のデザインを参考にしたりして、糸や組成を勉強しながら、自分たちで企画した商品をつくってきました。

ものづくりは楽しいのですが、売れる商品をつくるの難しいです。3年前と比べると消費者のニーズは大きく変わって来ています。今、少し頭打ちになっています。
今日は「カーテン選びの常識のウソ」という小冊子をつくっており、その原稿内容の詰めをしました。
10月6日のブログにも書きました(Arshivesの2004年10月をクリックすれば読めます)が、我々はわかっていることで十分な説明をしていないがために、お客様がまったくご存知ないということがよくあるんです。
そんな話をまとめました。

また、後日説明しますが、このような話です。

1)割引率の問題。   7割引が必ず安いわけでもないのです。
2)ウォシャブルカーテンを洗濯したら縮んだ。  1%縮んでもウォシャブルというのです。
3)納品時のシワの問題 搬入するのにおりたたまないと出来ないんです。
4)木製レールのたわみの問題 
5)ミラーレースの怪  昼間は室内は暗くなるし、外からみたらピカピカですよ。
6)「メーカー縫製ですから安心です。」  ほんと? うめーか-?
7)「オーダーしたのに巾継ぎしてあった」 生地巾が150cmぐらいなので巾継ぎが必要なんです。
8)「西日がきついので遮光カーテンがほしい」 電気つけなければなりませんよ。

最近のオーダーカーテンの傾向

今年もあと2ヶ月になりました。
年を重ねると月日の経つのが早く感じます。
今日1日は、新紙幣の流通開始、改正道路交通法の施行、年賀状の発売などいろいろと述ーべんばー。(November)

週末は大概現場実測に行くことが多く、昨日も3件行きました。最近は若い人達の戸建住宅やマンションの購入が多く、予算的にカーテンにかける費用は厳しいものがあります。
しかし、全体予算は厳しいのですが、良いものは良いと認め、ほしいものはほしいというところがあって、そこだけは金額がアップしても納得していただけます。

最近のオーダーカーテンの傾向として、低価格帯指向で、私がこの商売を始めた頃に比べれば、実際のカーテン販売価格においては半分ぐらいになっているような気がします。最近の新築戸建住宅においてのカーテン販売のボリュームゾーンは20~30万ぐらいです。
昔、オーダーカーテンを買われた方は皆さん、オーダーカーテンって高いねとおっしゃいます。

実際、私もオーダーカーテンって高いと思ってます。今、かなり安くなったと言えども、感覚的にまだ高いと思っておりまして、販売する側としても、流通のムダや、見本帳経費の削減するために、直接産元と交渉して、良いものを安く提供できるように努めております。

物を購入する中で、価格が重要なのは百も承知で、お客様の予算や、他社との相見積もりの中で、我々としても、どうしても安いものをすすめる傾向があるんです。しかし、価格だけじゃなくて、良いものを提案していく必要があり、お客様もそうした情報を欲しておられるのです。

我々はもっと商品をよく勉強して、その良さや違いなどをユーザーに伝えていかなければならないと思ってます。
もっともっと、カーテンを建材の一つとしてではなく、インテリアとして楽しんでいただきたいのです。

そんなことを思った1日でした。

ハロウィン

7b9da256.jpg今日はハロウィンです。26年前のハロウィンの写真です。コメントはありません。

ふさかけ金具の取り付け位置

今日は終日雨です。


今朝はミナミのラブホテルに行ってきました。 彼女の連れ込みじゃないですよ。 カーテンの吊りこみですよ。いやはや、インターネットをご覧になって、ベッドスプレットの見積もりをお願いしたいとの事で伺いました。
マネージャーがお見えになるまで、待合室で10分間程まっていたのですが、その間2組の不倫らしきカップルが出入りされました。随分流行っているようで、マネジャーにお伺いすると、1日1室3.5~5.3回転するとのことです。
なにしろ、携帯とインターネットは不倫を文化にしたとのことです。カップルを隠れてみながら、不適切な関係のフリントンも、プッシュ、プッシュで押しまくったんたんだろうか、この後始末はケリー(蹴り)か、さらにプッシュかなんて、アメリカ大統領選挙の行方を考えている私はなんぼほどヒマなんでしょうか。

私共の販売方法にお客様でご自分で実測され、ご自分で取り付けされる場合はさらに5%セルフ実測値引きというのがあります。その場合、ふさかけ金具もご自身でとりつけていただくことになっています。
このとき、よくふさかけ金具の取り付け高さについて聞かれます。
タッセル金具の取り付け高さ

当店の考え方を説明いたします。こうしたものに関しましては、マニュアル化したものもなく、これが正しいというのもありません。
各業者の判断で取り付け高さが決められています。カーテンレールのトップメーカーであります㈱トーソーの店頭用パックになっているふさかけの包みの裏には、『取り付け方法として、ふさかけはカーテン高さの下から約3分の1ほどの位置が、カーテンの収まりがきれいです。』と記されてます。


これが唯一、私が目にしたふさかけの取り付け高さに関する数字ですが、これはあまりにも低すぎると思います。 当店では、一般的には共布タッセルをつける場合は「カーテンの総丈の真ん中より少し下」とお答えしていますが、これには裏づけされた理論があります。


当店では、掃きだし窓では黄金分割比(√5-1):2の関係(ほぼ1対1.618の比率) 腰窓では√2長方形比 1対1.414の比率を用いています。 黄金分割比は古代エジプト時代から伝わる分割比で、長方形の縦と横との関係など安定した美感を与える比とされてます。岩波新書の横と縦の長さがこの比率になっています。


 √2長方形比は文庫本の横と縦の長さの比率です。 私の美的感ですが、腰窓でカーテンの丈が短いケースに黄金分割比1:1.618(B:A)を当てはめると、少し低いように感じまして、この場合は√2長方形比1:1.414(B:A)の比率を採用しています。 トーソーのいうふさかけの取り付け位置がカーテンの下から1:2の比率は私にとっては考えられない低さです。

ここで重要なのはこの比率はふさかけの取り付ける位置ではなく、カーテンとタッセルが触れる位置の比率のことで上図で言うAとBの比率のことです。そのため、タッセル(タイバック)によってふさかけの取り付ける高さが違ってきます一般的に共布タッセルならば、この比率に10~15センチ上ぐらいにふさかけを取り付けなければなりません

例えば、丈200cmのカーテンに共布タッセルを付ける時のふさかけの位置は200÷2.618=76.39センチ. この位置で共布タッセルとカーテンが触れます。タッセル分の下がり10~15センチをプラスするとふさかけ取り付け位置は下から90センチぐらいになります。


よって、カーテンの総丈の真ん中より少し下ぐらいになります。 この考えは、グローバルテンの小嶋が考えましたので、当店ではグローバルスタンダードといっておりますが、業界では認知されていません。

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.