カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

サンゲツ、カーテン見本帳「Wish」発売

今日、実測にお伺いしたおうちでは、もうクリスマスツリーが飾ってありました。まだ少し暖かいですが、もうそんな季節かと思いました。これから年末にかけて、街では「第九」が聞こえるようになりますが、我々の仕事は
大工が終わると、内装工事になり、年末にかけて、ひじょうに忙しくなります。

24日25日頃がピークで、その頃はクルシミマス(クリスマス)。今年は特に儲からない、単価が低い、細かいの三択で苦労~す。(サンタクロース)それから年末にかけては、少し落ち着いてくるのですが、毎年その頃チョンボをして、年末ギリギリまで働き、最後は大ミスか(大晦日)で終わります。

やっと新年を迎えられるかと思えば、除夜の鐘が「ローンローン」と聞こえるのです。また、来年も借金返済のためにがんばらなければなりません。

本日、サンゲツが新しいカーテンの見本帳「Wish(ウィッシュ)」(←これをクリックすると詳しい説明があります。)を発売しました。
この見本帳の大きな特徴は生地を仕立てた場合の価格表示(業界では通称マトリックスと呼んでいる)で生地単価は記載されていません。(生地販売もするらしい)

価格も8つのカテゴリーに分けられており、その商品群からならば、どれを選んでも同じ価格となっています。例えば、ZONE Aの商品ならば、200×200のサイズならば、2倍ヒダでどれを選んでも、16800円です。
この見本帳では1.5倍ヒダで1つ山のゴブレットヒダも提案しており、HAPPY Ⅰの商品群で200×200でどれを選んでも12800円となっています。

この見本帳の商品はすべて、消臭機能がついています。
これは、すでに川島織物セリスト住江織物トリプルフレッシュという形で、消臭機能のつけたカーテンを販売しておりますが、私が11月10日のブログにも書いたように、これからの高齢者社会に対して大いなる需要があり、大変いいことです。

そして、すべて税込み価格表示になっています。

見本帳は今日いただきましたが、どちらかというと、内装工事店向け、もしくはあまり提案をしないインテリアショップ向けの見本帳と感じました。住宅メーカーなどの間接販売では難しいし、カーテン専門店でも難しいと思いました。

この見本帳では、オーダーカーテンとして1.5倍ヒダを提案しています。他社との差別化をはかるため、1つ山のゴブレットヒダ(写真左・この写真は見本帳に掲載されている仕様説明からスキャナしたもので、実際の縫製ではもう少しヒダとヒダの間隔があくと思います)を提案しています。当店でも、1つ山のペンタックスタイル(写真右)を提案しており、我が意を得た感があります。
HAPPY縫製仕様
ペンタック

しかし、サンゲツの仕様は半間(90センチ)の窓で6つヒダをとることになっており、ヒダとヒダとの間が17~18センチぐらいあき、間が抜けたようになります。当店のペンタックスタイルは同じ生地巾で同じワイドの半間の窓で、9つヒダをとる仕様で2倍使いと同じヒダ間隔の12センチぐらいになっています。

どちらがきれいかは人による美的感覚ですが、当店ではヒダ間隔を短くした方がきれいと考えます。

<

小泉さまは、じぇったい撤退しないのでしょうか。

イラク情勢も混沌としてきており、、全土に非常事態宣言がされ、中部ファルージャでは米軍が武装勢力を制圧するような現状です。その中で、小泉首相は「非戦闘地域とは」と聞かれ、「自衛隊が活動している地域が非戦闘地域との考えを示しました。

本末転倒しており、12月14日の自衛隊駐留期限切れに対して、小泉さまはじぇったい(絶対)撤退しない【小泉、サマワ自衛隊撤退しない】というのでしょうか。

 今日で、9月29日からブログを公開してから、のべ2000人の方がこの日記をご覧いただいたことになります。
ありがとうございます。

 同業の方からもコメントを頂いたりしますが、お客様からも問い合わせやお礼のメールが多くなりました。

一昨日いただいたお客様からのメールです。

 
大阪店・追立店長殿
10/16にカーテンを設置して頂いた**です。
バタバタとしておりまして、お礼の連絡が遅れてしまい申し訳ございません。
丁寧に採寸からして頂き、みごとなカーテンが仕上がり大変満足しています。リビングのカーテンの色も追立さんのアドバイスのおかげで清潔感漂う爽やかな雰囲気に仕上がりました。マンションですのでよそのお宅の窓から見えるカーテンとうちのカーテンを見比べて勝った~♪と喜んでいます。
カーテンが、新居の自慢の一つになりました.
大変満足しています。ありがとうございました。
先日も納入に来られた家具屋さんにもカーテンを誉められました。
今度、カーテンのオーダーする時は、かなり先になってしまうかと思いますが次回もよろしくお願いいたします。
まずは、とり急ぎお礼まで。


このようなメールをいただくとほんとにうれしいです。
たまにはお叱りのお電話もいただくこともありますが、切磋琢磨してがんばりたいとおもいます。


 

高齢者社会に対する窓掛け工事の提案

一昨日書きました「カーテン屋のお願い」には同業者の方から、ぜひチラシを使わせてほしいとメールを頂きました。お1人は11月8日のComments欄に書いていただいています。もう1人の方は直接メールをいただき、毎日すごく楽しみにしており、「カーテン屋奮闘記」を見るのが日課になりましたと書いていただいています。

絶賛していただき、「私どもの会社が、日々苦い経験をし、色々模索している事を、ものの見事に分析して、答えがある。パスワードもなく、誰にも情報をオープンにしている・・・・・そんな、あなたは素晴らしい!!!!」と書いていただきました。同業の方が注目していただき、ご覧いただいているのはほんとにうれしいです。

一昨日も、はるか遠方より同業の方が尋ねてきてくれました。21世紀のライフスタイルとインテリアビジネスを考えるために意見交換をしました。
これからは、高齢者社会に対応するためのインテリアの提案が重要になってくるということで意見が一致しました。
カーテンレールなんかでも、安くて簡単に取り付けることができ、寝たきりでも操作ができる電動カーテンレールなどももっと我々が、店に展示して紹介していく必要があるとのことです。また、消臭機能のついたカーテンなんかもより分かりやすく、違いを説明してユーザーに訴えていく必要があります。

その中で、注目すべき電動のカーテンレールはヨコタジョグモーター(←これをクリックするとヨコタの公式ホームページにリンクしまして、説明されてますがちょっとわかりにくいのです。 googleの検索でジョグモーターと入力して同業者のホームページの説明の方が分かりやすいと思います。)なんです。

これは、モーター本体が走行する、世界初の自走式カーテンモーターで2mでダブルレールに取り付けても価格が定価で33020円と他の物にくらべてダントツに安く、場所もとらず、窓の近くにコンセントがあれば、素人でも簡単に取り付けることができます。

半年ほど前に、当店にカーテンをお買い上げいただいたお客様が、電動カーテンレールをホームセンターで買って自分で取り付けたので、ちょっと見に来てくださいとおっしゃるのです。
その時は私が行けず、店長が見に行って初めてこの商品を知ったしだいです。その時から注目しており、店内に展示しようと思っていました。

ヨコタは東京本社のメーカーで電動カーテンレールはいいものを持っており、大阪の帝国ホテルの電動カーテンレールはヨコタが納品しております。大阪のヨコタはほとんど営業に来ないため、あまり接触はないのですが、いいものはユーザーに紹介していかなければならないと思っています。

新潟県中越地震災害義援金

はぎれ
はぎれをワゴン販売しておりまして、ここ10日間は無料で「ご自由にお持ち帰りください。お気持ちを新潟県中越地震の被災者の方に寄付させていただきますのでご協力お願いします」と書いて箱を置いておきました。

その皆様のお気持ちと会社として一部、私個人として一部をプラスして23873円を日本赤十字社新潟県支部に寄付いたしました。
義援金

ご協力ありがとうございました。
(写真をクリックすると大きくなります。)

設計士さんにカーテン屋からのお願い

昨日もDMを見てご来店いただいたお客様の現場実測に行ってきました。
現場近くで、場所がわからず、うろうろしていると、こちらですよと声をかけていただけたのです。私は一度もお会いしていない人なんですが、お客様の方は顔みたらわかったとおしゃるのです。

たぶん、インターネットでチェックされていたのか、DMのイラストで分かったのか知りませんが、なんだか照れますね。

お店での打ち合わせでは、アイアンのレールをつけることになっていたのですが、実際現場に実測に行くと、窓が左側面の壁際にあり、その側面は天井からのクローゼットでV字型のドアがついているのです。

そうすると、そこにレールをつけるとクローゼットのドアと干渉することになり、ドアが完全に開けることができないのです。

お客様はもし、ドアに傷をつけるようなことになるとイヤだからとのことで、カーテンレールをあきらめて、ローマンシェードに変更することになりました。

このようなことはよくあります。住宅メーカーの仕事もしておりますが、自社物件にもかかわらず、その住宅メーカーのコーディネーターすらこのような無理な提案をされることがたまにあります。

設計される方にぜひお願いしたいのは、窓掛け工事のことも考えていただきたいのです。

よくある問題は
1)お客様は木製などの装飾レールを取り付けたいと思っておられるにもかかわらず、下地補強がされていないこと。
2)エアコンの取り付け位置とレールの取り付け位置が干渉してエアコンをつけるとレールが付けられないケース
3)クローゼットとの絡み。
4)小さな窓で網戸が内開きになり、そこにブラインドやロールスクリーンなどを内付けすることができない。

カーテン屋のお願いこうした問題が戸建住宅ではよくありまして、当店ではこのようなチラシをつくってお願いしております。
チラシをクリックすると大きくなり、プリントアウトすることができますが、同業者の方は無断転載しないでください。ご連絡いただければインテリア業界が主導権を握るために活用していただくのは問題はありません。

当店がつくりましたチラシのイラストが無断で同業者のホームページに使われているのもみつけております。勝手に使ってもネットだけに網にかかりますよ。

ブラインド 参加ちたいねん、今度。スラっと。(酸化チタンコートスラット)

立冬

暦の上では冬ですがさわやかないい天気でした。絶好のドライブ日和でしたが、仕事で京都までいってきました。
今年の3月に取り付けたお客様で、西日が強くてなにか相談に乗ってほしいと言われお伺いしました。
2階3階の西側の小さな窓(巾43センチタテ120センチ)3ヶ所で、今まで何もつけていなかったところ、夏は暑くてたまらなかったとのことです。

西日対策的で小さな窓ならば、ブラインドが一番いいと思い、お勧めしたところ、掃除がやりにくいとのことで、お客様はウォシャブルタイプのロールスクリーンの方がいいのではないかと逆提案されました。

確かにウォシャブルタイプのロールスクリーンというのはあって、メーカーでは簡単に取り外しができて洗濯できますよとうたっていますが、実際のところ、簡単ではないのです。取り外しは簡単にできるのですが、洗うと元のようにはならないのです。(自分で1度実験をしました。)
実際、購入された方のほとんどがロールスクリーンを洗濯されていないと思いますが、主婦にとって洗えるということは心理的に大きく、ロールスクリーンのウォシャブルタイプはよく売れています。

その話をお話をしまして、今回私の方から提案しましたのは、ブラインドの「酸化チタンコートスラット」です。
「酸化チタンコート」は光があたるだけで、光+酸化チタンの光触媒作用でスラット表面の汚れ、細菌や臭いのもととなる成分を酸化分解して、きれいになるブラインドです。
価格も通常のものより10%高くなるだけです。

日のあたるところには、とても効果的で、この商品は最初ニチベイがだしまして、それを真似る形であとからタチカワも出しました。トーソーにはありません。

私どもは、最初ニチベイが出した時に実験用に上部は通常のスラット、下部は酸化チタンコートスラットというブラインドをつくってもらい、毎日外にだして照射実験を2年間しました。
明らかに違いが分かる効果が表れました。これは自信をもってお勧めすることができます。
メーカーは特にアピールしていませんが、私共が実験した中で、外に出していて、雨にぬれた時はさらに歴然たる違いがでまして、酸化チタンコートスラットの方はきれいになります。
この商品は浴室で日が当たるところならばお勧めで、水をかけるときれいになります。

タチカワはあとから出しまして、ニチベイのものよりさらに効果的で、本来、太陽光線(紫外線)の照射によって効果があるのですが、タチカワのものは部屋の明かり(蛍光灯・白熱電球等)でも効果がありますとうたっています

そこで、タチカワにも同じように、実験用に上部に酸化チタンコート、下部は通常のスラットというものを作っていただいて、店内で1年半に渡り実験をしました。
カタログでは、蛍光灯でも効果があるように書いていますが、即効果をだすために、2m離れたところから
白熱灯のスポットを当てて実験をしましたが、まったく効果が表れませんでした。

そこで、今年の7月にタチカワにメールをしまして、その旨伝えると、かなり時間が経ってから商品企画部より回答がきまして、この試験データはスラットから15センチ離れたところから、ハロゲンランプをあてた結果とのことで、その旨はカタログにも記載されていました。

「蛍光灯でも同程度の性能があるよう誤解を招いてしまったことと反省しております。」と書かれていましたが、

現実問題として、ブラインドを室内に取り付け、その15センチ離れたところから、ハロゲンランプをブラインド向けて当てるなんてあり得ないのです。
このように書くとタチカワの酸化チタンスラットは効果がないように誤解を招いてしまうかもしれませんが、室内の明かりに対しては効果がありませんでしたが、太陽光線に対しては効果があると思います。
(当店では実験はしていません。)

今回は西日対策とお掃除楽々の要望にこたえ、酸化チタンコートスラットをお勧めしましたが、ブラインドもいろいろと違いがありまして、要所要所によってお勧めメーカー、商品があるのです。今度、業者の立場で違いを鋭く指摘してみます。

会社を、変える

毎週週末になると、ある仕入先から商品の在庫状況の連絡とともに「レーダー」という役に立つ話がかかれているエッセーが送られてきます。今までは、それに私がコメントを書いて、週初めに各仕入先に発注する際に一緒にファックスしておりました。3年間程続けており、すごく評判がよかったのですが、このブログを書き始めてからは、ネタ確保のために取りやめています。

今日送られてきたレーダーのタイトルは「会社を、変える」です。それによると

『企業というものは、商品や組織をかえることはできても、長年染み付いた「体質」を変えることは極めて難しいものだ。
しかし、「簡単実行・効果抜群・楽々継続」--そんな理想的な「会社を変える方法」があると、トーマツ環境品質研究所の白潟敏朗氏が最新の「プレジデント」誌上で提案している。

称して「部門ごちゃごちゃ席替え」作戦。事務所のデスクを、部門や役職の枠を外して、ランダムに配置してしまうことだ。

日本の会社では一般的な、部門ごとに区切ったデスクの配置は、管理がしやすい反面、他部門との連携、情報の共有化が難しい。「部門ごちゃごちゃ席替え」は部門間の枠を取り払い、「部門発想」から「全体発想」へと広げるきっかけになる。

たとえば、新人とベテランが席を隣にすることで、知識やノウハウの受け渡しがスムーズになるだろうし、内勤社員が、隣席の営業マンの顧客との電話のやりとりを耳にすれば、「顧客志向」の考え方が社内に広がりもしよう。
半面、部門単位への指示が出しづらい難点はあるが、社内LANが普及した現在では、大きな障害にはなるまい。

長野県の地方都市にある、社員80人の縫製工場を、つい最近見学したときのこと。
社員食堂に四角形、三角形、円形のテーブルが雑然と置かれていた。怪訝そうな表情に気がついたのか、社長が笑顔で説明した。「こうしておくと、みんなが毎日違う席に座るようになり、社内のコミュニケーションが密になるんですよ」 なるほど。

そんなことは無理、とトップ自身が思い込んでいては、会社が変わるわけがない。』

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.