カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

マナトレーディングの麻商品の洗濯ラベルの注意書き

2018年9月30日は台風24号の影響で臨時休業をいたします。

 

このブログは、29日に書いていまして、タイマー設定で自動的に30日に

アップされるようになっています。

 

大阪では、9月4日の台風21号の教訓で、台風の恐ろしさをを初めて知った感があり、

今回は早めの対応をされているところが多くなると思います。

30日に社内の慰労会をするために近くの焼き肉屋を予約をしていたら、

昨日電話がかかってきて、30日は公共交通機関が午後から動かなくなる

可能性があり、スタッフの確保ができないので臨時休業としますので

予約はキャンセルさせてくださいとのことでした。

 

この電話で、私どもも終日休業を決断しました。

 

それはいいんですが、そのあと、焼き肉屋さんは「10月2日火曜日は本来定休日ですが、

振り替えて営業しますので来てください」というのです。

 

さすがに大阪の商売人は休みませんなぁ。

 

9月4日の台風の時も、大阪本社の大和ハウスは前日のいち早く、4日火曜日を

社員全員休みと発表しましたが、その代わりその週の土曜日は全員出勤というのが

ニュースになっていました。

 

当店では、祝日のみ定休で、9月30日日曜日を臨時休業にして、

10月8日の祝日を振り替え営業するということはしません。

 

 

さて、本題です。

15年前に当店で取り付けたプレーンシェードの生地交換しました。

もともとウイリアムモリスがお好きな方なのですが、当店にご来店を

いただき、ウイリアムモリス展の案内の表紙がピンパネルになっていて、

運命の出会いを感じたという事で、ウイリアムモリスのピンパネルの色違いに

なりました。

ウイリアムモリス展の案内はこちら

 

ビフォーアフターの取り替える前の写真はきれいに撮れていなかったので割愛します。

350㎝の窓を2分割して取り付けていまして、右片方だけ新しい商品です。

 

「半分、青い。」

 

フラッシュをたいてとると

ウイリアムモリスはマナトレーディングが輸入している生地で

このピンパネル492は 麻90%ナイロン10%です。

マナトレーディングの洗濯ラベルには下の注意書きが書いてありました。

洗濯絵表示ラベルは昨年から国際規格に統一されました。

〇や△や✖がついていてもよくわからないところがありますが、日本語で

いっぱい注意書きがされているとわかりやすいです。

ほとんどのメーカーはカタログに生地の注意書きがされていて、「メーカーの

せいではないですよ」ということをアピールしていますが、それは一瞬だけみるだけで

その後は覚えていないのです。

こうして洗濯絵表示ラベルに書いてあると、お客様から何か言われた時に

ここに書いてありますよと説明できるので販売店としてはありがたいです。

他メーカーもぜひこのようにやってほしいです。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

電動のカーテンレールと電動シェードを連動させる

遠くからご来店いただき、リビングのリフォームで電動のカーテンレールと

電動のプレーンシェードを取付けたいという事でお見積もりをさせて頂きました。

地元の業者と相見積もりとなり、地元の業者はトーソーの商品でカーテンレールと

プレーンシェードは赤外線操作で別のリモコンで提案されていて、当店では

ナスノスの商品でFMリモコンで、一つのリモコンでカーテンレールも

シェードも操作できるものを提案しました。

結果、当店の方はFMリモコンで高かったのですが、

お客様から

「高いけど、お宅の方が慣れておられそうなのでお宅にお願いしたい」と言われ、

ご注文をいただきました。

 

「お宅の方が高いけど、お宅にお願いしたい」

 

この言葉は大好きです。

 

意気に感じて仕事をさせていただきます。

 

だって、人間だもん。

 

 

そんなわけで施工写真です。

 

生地はドレープはマナトレーディングのウイリアムモリスのいちご泥棒

イギリスから輸入しているプリントです。

  レースは川島織物セルコンのウイリアムモリスのいちご泥棒

版権を買って日本で作っている商品です。

シェードはマナトレーディングのウイリアムモリスのケルムスコットツリーで

裏地付きです。

 

電動商品はナスノス製でカーテンレール・ドレープはCR1010

レースはCR300でシェードはRS5030

リモコンは5ch用のFMリモコンです。

 

生地を選ばれたのはお客様主導で、壁紙もウイリアムモリスです。

(壁紙は当店の施工ではありません)

 

ウイリアムモリスはインスタ映えする商品で、ブロガーの皆さんは

必ずアップされているので、ここでは詳しい説明は割愛して電動商品に

スポットを当てます。

窓上に換気扇のコンセントがあって、電動カーテンレールにも使えるように

3口になっていたのでそれを利用しました。

電動レールの場合はモーターがどちらかの端にきますので、そこからの線を

窓中央にもってくるのにレールの裏にモールを貼って、目立たないように

きれいにしました。

こういう技は経験によるもので、電動商品の取り扱いに慣れているか

どうかで違いがでてきます。

 

その技を公開してしまってちょっと後悔

プレーンシェードも同様で、換気扇のコンセントをつかいました。

こちらはヘッドレールの上に線は隠せるようになっています。

 

 

シェードは裏地付きで、リング付きテープを使わないで光が漏れにくいように

手縫いでリングを1個ずつ縫い付けて無双縫製をしています。

高くても当店を選んでいただいたお客様なので意気に感じて、こちらで

グレードアップ仕様にさせていただきました。

リモコンは習慣的に本体に向けてしまうのですが、FMリモコンなので

30M離れたところからでも、本体に向けなくても操作ができます。

 

ナスノスの電動商品は、知名度はないですがホームユース用には

とてもいい商品です。

 

サンゲツが取り扱い代理店ですので、全国津々浦々のインテリショップで取扱いは

しています。

メーカーとしてはほとんど動きはしませんので、商品知識のあるインテリアショップに

ご相談されることをおススメします。

 

 

窓装飾の商品知識が豊富で、窓装飾プランナーのいるお店は

planner_02

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

フィーロ縫製のレースとウイリアムモリスのシェード

お客様の要望により、川島織物セルコンのメーカー縫製の「フィーロ

縫製」をしました。

フィーロ縫製は、メーカー縫製の中でも、こだわりの最上位の縫製です。

当店の場合、メーカー縫製ではなく、当店の協力工場での縫製をしていますので、

フィーロ縫製やったことがありませんでした。

フィーロ縫製の大きな特長は、オーダーカーテンではほとんどが2倍使いの中、

2,3倍使いを標準仕様にしています。

これによって少しだけボリュームがでますが価格が高くなる場合もあります。

2.3倍使いとは、巾2mのカーテンを作るのに2倍使いならば単純にいうと

ヨコに4m使うところ、4,6m使うことになります。

そのため、ヒダが1つ増えて、ヒダ間隔が少しだけ短くなり、ヒダ山が少し

高くなります。

バブルの頃は3倍使いにしてボリュームを持たせるというのも流行っていましたが、

今やオーダーでは2倍使いが一般的で、むしろ1.5倍使いやフラットというのも

多いです。

メーカー縫製の証として、フィーロのタグが付きます。

これに価値を求める方もおられるようです。

タッセルの金具に引っ掛けるところは、江戸打ち紐が使われています。

私どもの縫製では、すべてこの部分も共布にしていますが、こちらの方が

丈夫だからかもしれません。

既製カーテンも江戸打ち紐です。

下の写真は当店の縫製

形状記憶加工が標準仕様になっていまして、ウエーブがきれいです。

当店ではレースは形態安定加工が標準仕様です。

レースを窓側につけて、手前に川島織物セルコンのウイリアムモリスの

マリーイザベルでローマンシェードプレーンタイプを取り付けています。

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

カーテン生地で共布クッションもつくれます。

インテリア業界の繁忙期は2月から4月にかけてで、3月が一番忙しいのです。

工事としては、当店では3月20日から月末に集中しています。

一つは4月の新学期を前にした引っ越しシーズンのピークというのがありますが、

もう一つとしては、住宅メーカーやマンションディベロッパーが3月決算で、

決算前に引き渡して、その期の売り上げにしたいというのがあると思います。

そのため、新築マンションや住宅メーカーの物件の引き渡しが3月に多くあります。

特に今年はそんな傾向が強いのです。

 

軽めのブログです。

ウイリアムモリスは根強い人気がありまして、当店でもよく販売しています。

ウイリアムモリスは川島織物セルコンが版権を買って、日本で織っているものと、

マナトレーディングがイギリス本国から輸入しているものがあります。

前回のブログは川島織物セルコンの織物のモリスでしたが、今回のはイギリスから輸入

しているプリントのものです。

7年前に取り付けたもの

DSC04826 DSC04825

今回は

DSC04832

DSC04829

IMG_6635_R

クッションも作りました

DSC04831

IMG_6630_R

生地はウイリアムモリスのPink&Rose222530です。

ビスコース80%、リネン20%

 

シェードは生地のみの交換が簡単にできます。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

「壁ドン」にプレーンシェード

「壁ドン」にプレーンシェードというタイトルをつけましたが、「壁ドン」という

言葉は一般的に通じないという事はわかっています。

 

kDSC05014

上の写真の右と左が当店でいう「壁ドン」です。

2017-01-15 11.52.29

窓が側面の壁にくっついていて、隙間がない時を「壁ドン」といっています。

この言葉は、世間で一般的に通じるものだと思っていたら、以前フェイスブックに

このような写真を載せて「壁ドン」と書いたところ、エンドユーザーの方から

「それってインテリ業界の用語ですか」というコメントが入りました。

そこで、ネットで調べると当店が使っている意味では全く使われていないことが

わかりました。

でも、インテリア業界では使っているだろうと思って、インテリア専門店の

LINEのグループで尋ねてみたら、3分の2の業者は使うというのですが、

3分の1はまったく使わないというのです。

「トン壁」、「トン付き」「カベトン」というらしいのです。

私は「ドン突き」の行き場のないところから来ているもので、世間でも

通じるものだと思っていました。

 

敢えて、タイトルに使ったのは「何 それ?」と思って読んでもらいたいという

意図があるからです。

ブログのタイトルは、けっこう重要でタイトルを見て読むかどうかを判断される

ことが多いのです。

単なる「ウイリアムモリスのシェードを取り付けました」では読んでもらえない

のではないかと思っています。

この現場に関しては、スタッフブログも書いていまして、そちらのタイトルは

「いちご泥棒がやってきた♪」になっています。

そちらを先にお読みください。

 

こちらのブログでは施工上のこと、納まり方について書いてみたいです。

 

上の画像の様に3つ同じ窓があるのですが、右と左の窓は側面が壁で隙間が

ありません。

この場合は、3つ同じサイズにプレーンシェードを作ると見た目はきれいでなく、

真ん中と右・左の2台とは製作幅を変えなければならないのです。

それでいて、見た目は3台とも同じようにしなければなりません。

 

インテリア商品はどこで頼んでもメーカー縫製すれば同じだろうと思われますが、

オーダー品ですので、どのように実測をしてどのサイズで発注するかが重要なのです。

実測がポイントになります。

販売店の指示書を書く人、実測をする人の感性によるものです。

kDSC05063

kDSC05020

商品は川島織物セルコンのウイリアムモリスの「いちご泥棒」です。

 

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

ウイリアムモリスのカーテンを電動カーテンレールに取り付ける

連日、アメリカのトランプ大統領の話題で新聞の一面を飾っています。

トランプ大統領ほど、政治家らしからぬ政治家はいないんじゃないでしょうか?

これほど、選挙期間中にあげた公約を実行しようといている政治家はいないですね。

政治家というのは、公約を述べても実行しないのが普通だと思っていたのですが、

今までにないタイプです。

メディアからはトランプ大統領の政策に批判的な情報が多く発信されれていますが、

民主主義の国で選挙で選ばれた大統領であり、今のところ支持する人の方が

多いのです。

日本に対する影響力も絶大なものがあり、これからも彼の発言にも目が離せません。

我々の仕事、生活にも大きく影響してきます。

トランプだけに誰かはババを引くでしょう。

 

さて、本題です。

年末の物件で、ウイリアムモリスの生地が輸入品で納期が遅れていた分の

取り付けをしました。

ウイリアムモリスのブルーベルという生地です。

ブルー・・・といいますが生地の色は黄色です。5色あります。

IMG_6464

IMG_6461

IMG_6462

裏地をつけてナスノスの電動カーテンレールに取り付けています。

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックすると動画になります。

こちらのウイリアムモリスはマナトレーディングがイギリスから輸入している

商品で綿100%のものにプリントをしています。

本国のウイリアムモリスを取り扱っているところは、少ないと思います。

DSC04626

多くの販売店は、川島織物セルコンが出しているウイリアムモリスの

商品を取り扱っています。

これは、川島織物セルコンが、イギリスから版権を買って、日本で織っています。

こちらはポリエステルの織物カーテンです。

川島織物セルコンに言わせると、ウイリアムモリスはひじょうに良く売れている

とのことです。

逆にいうと他の商品があまり売れていないのではないでしょうか?

日本人は織物が好きですからね。

私も綿のプリントより織物が好きなんですが、女性スタッフはプリントの方が

好みのようで、最近はウイリアムモリスでは、織物よりプリントの方が

良く売れています。

いずれも日本では高級品で高いのですが、ほんとはちょっと違うのです。

また、後日ウイリアムモリスについても書きます。

DSC04627

 今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 お知らせ

2月17日(金)は30周年の創立記念日のため休業いたします。

2月11日(土)は建国記念日で祝日ですが営業いたします。

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

L型の持ち出し金具でレールとシェードを取り付けました。

ウィリアムモリスPIMPERNELのプレーンシェードとフィスバのレース

SONATINEの施工例です。

お客様はフリフリがお好きで、プレーンシェードもフリルスタイルにし、

レースも2,5倍にしてさらに裾60㎝をフリルにしています。

詳しくは打ち合わせをした女性スタッフの「カーテン夢工房スタッフブログ」を

お読みください。

シェードとレース

DSC00859

DSC00854

P3121066-2 P3121076

スタイルに関しての説明はこちらを読んでいただくとして、このブログでは

施工上のポイントを説明します。

 

窓側にレース、部屋側にシェードという2重吊りで、レールとシェードを

取り付けなければなりません。

 窓上すぐが梁になっているのですが、梁には下地がなく、木枠に正面付け

しかできません。

そこで、金具を使って、レールのブラケットとシェードのブラケットを

天付けしてL金具を正面付けします。

現場では、その写真を撮り忘れたので、別のもので説明します。

DSC00947

白いものがシェードのブラケットとこげ茶のものがレールのブラケットです。

DSC00948

L金具の穴にビスを通して壁(窓の木枠)にうちます。

 

このL金具はトーソーの商品としてあるのですが、付属のネジが少し

長めで梁したすぐに取り付ける時はネジがはみでて邪魔になります。

説明用に写真を撮ったので、これでみてください。

DSC00936

DSC00937

DSC00938

これが2〜3か月前に同業間でフェイスブックで話題になっていました。

みなさん、同じ悩みをもっていろいろと工夫されています。

ネジをカットする人、ホームセンターで短いものを買う人、

タチカワのなんかの部材で短いネジがあるらしく、それを集めてこれを

使う人などがおられました。

当店ではワッシャーをかましてネジを回します。

DSC00939 ネジ

DSC00941

DSC00944

意外と簡単な方法なんですが、フェイスブック友だちの同業者には

この方法をしている人はおられませんでした。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

1 / 3123

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.