カビキラー » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

カビの生えた浴室ブラインドにカビキラーを噴射してみたら

先日、14年使ったお風呂のブラインドが錆びて、カビていたのを木製風ブラインドに

取り替えた話をかきました。

当店で破棄処分をするために持ち帰ったのですが、捨てる前にそのカビを

カビキラーで取ることができないかの実験をしました。

カビのはえている浴室ブラインド

dsc03218

dsc03216 dsc03215

これにカビキラーを噴射しました。

dsc03300

10分ぐらい置いといて、そのあと水をかけます。

ある程度きれいになります。

dsc03308

dsc03307

塗装がはげて錆びているところはどうにもなりませんが、カビだけならば

きれいにとれます。

カビがはえると早めにカビキラーをすればきれいになります。

カビキラーは劇薬ですので、自己責任で取り扱いには気をつけてください。

窓を開けて換気をよくして、10分以内に水をかけてきれいに流し落としてください。

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

※インテリア関係者のオフ会(10月27日)のご案内はこちら

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

レースのカビはカビキラーでシュシュ〜と

先日、仕事で姫路に行ってきました。

3月にリニューアルされた世界遺産の姫路城は美しかったのですが、気になったのが

公衆トイレ。

何か所かで見かけたのですが公衆トイレではなく「市民トイレ」となっているのです。

DSC05165 IMG_2480_R

私、姫路市民ではないので遠慮していけなかったのですが、世界遺産のある町なのに

どうして「市民トイレ」なんだろうとふと疑問に感じていました。

 

さて、本題です。

 

先日、妹からLINEで「おにいちゃん、レースにカビがはえたんだけどどうしたらいいの?」

「おにいちゃんのところでカーテンクリーニングをしたらきれいになるの?」といって画像を

送ってきたのです。

レースにカビ

「それはね、カビキラーでシュシュっとして5分ほどしてから、ネットに

いれて洗うときれいになるわ」と返信したのですが、

「そんなのでとれるの?生地が傷んだらどうするの?」というので

「じゃ、送ってくれたら、こちらでやってブログネタにするわ」というと

早速送ってきました。

レースの谷側が結露した窓に触れてけっこうカビになっているのです。

そこでジョンソン株式会社の「カビキラー」でスプレーしました。

DSC05228

5分ほどしたらカビはきれいに取れました。

臭いがするので近くのコインランドリーに持っていき、ネットにいれて

ソフト洗いをしました。

DSC05235 DSC05236

驚くほどきれいになりました。

Before

DSC05227

After

DSC05242

 

 

Before

DSC05232

After

DSC05243

実は当店のカーテンクリーニングでカビは「カビキラー」で処理しています。

これは責任をともないますのでお金をいただいています。

 

結露の時期が終わりましたので、レースがカビてないかチェックしてください。

室内にカビたレースを吊り放しにしておくと健康にもよくありません。

ご自身で「カビキラー」でカビを取られるのは自己責任でお願いします。

ブログを見てやったら、変色したし、生地が傷んだけどどうしてくれるんやとは

絶対にいわないでください。

 

カビキラーは漂白機能がありますので、色物には絶対使わないでください。

変色します。

厚手カーテン(ドレープ)のカビは無理です。「カビキラー」をすると

その部分の色が変わります。

レースでも変色する場合があります。

カビキラーを使用されるときは、「カビキラー」に書かれている使用上の

注意を必ず読んでから使ってください。

塩素系ですので酸性タイプと混ぜると有害な塩素ガスを発生しますので

たいへん危険です。

 

あくまで自己責任でお願いします。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

浴室のブラインドのカビ

 11年間ご使用の浴室ブラインドの交換に来ました。

DSC01569

ここまでなると取り替えた方がいいですが、初期の段階のカビならば

カビキラーをスプレーして少しこすってシャワーで洗い流せばきれいになります。

 

カビは湿気で繁殖しますので、お風呂を使用されていないときは、できるだけ

窓をあけて風を通しましょう。

新品は

DSC01572

 

実は書きたかったことは、こういった注文が消費税増税前の3月にかなり多く

あったのです。(かなりといっても普段の月に比べてという意味です。)

おそらく、急にカビが生えたわけではなく、長年そのままだったのだと思います。

それが、3%値上がりするというだけで、こんなにインテリアの吊り替え需要が

うまれるのかということです。

それならば、もっと需要を喚起するような方法はいっぱい考えられるのでは

ないだろうかということです。

このブラインドの取り替えは、消費税増税後の6月にしました。

逆に増税をあまり意識されてない方もいっぱいおられるのだということも

わかりました。

打つ手はいっぱいありますね。

 

今日のブログは良かったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.