カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

令和のカーテン

新しい時代の幕開けとかで令和祝賀ムードいっぱいです。

個人的にまったく変わらず日々が過ぎて行っていますが、

商売をしている中ではこれに便乗して盛り上げていかねばと思っています。

 

当店では令和になってからは、カーテンのネームタグに「令和元年」と

印字したものを縫い付けています。

何年か経ったときに、「このカーテンは令和元年に取り付けたんだ」と

思ってもらえばいいのです。

 

令和になって取り付けた例はこれです。

高さ3,45㎝のリビングの窓にイギリスのブランド

Villa Nova(ヴィラノバ)のV3256を取り付けました。

麻86%ナイロン14%の商品です。

カーテンボックスは黒の壁紙が貼ってあったのでトーソーネクスティの

ブラックを使いました。

 

「高さ345㎝の窓につけました」

「ヴィラノバのカーテンを取り付けました」

「麻のカーテンを取り付けました」

「ブラックのレールを使いました」

等のタイトルではつまらないので、姑息にも

令和ブームに便乗させていただきました。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

リネンカーテン(リフリン)フェア開催中

6月16日(土)より7月15日(日)まで当店でリネンカーテンフェアを

開催します。

 

リネンカーテンを丈2mの現物縫製サンプルを80点展示しています。

 

見て触って選んでください。

 

大阪は、この期間は当店だけですが全国で一斉同時開催しております。

リフリンのホームページです。

こちらをご覧ください。

 

メーカーのホームページでの案内では7月16日までとなっていますが、

7月16日は祝日のため、当店は定休日になります。

 

そんため、当店は7月15日(日)までとさせていただいています。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

韓国・ソウルのカーテン(1)

 ソウルに行ってました。

今時、韓国に行くのは冒険かと思われるかも知れませんがちょうせんです。

なんのために?

仁川空港の出国ロビーにアメリカ人がたくさんいないかこの目で確かめるためです。

それで?

時期が参りましたらお話しさせていただきます。

アメリカ政府が在韓米人に退去勧告をしたということですか?

それも時期が参りましたらお話しさせていただきます。

あなたは誠 幸せな海の王子ですか?

マコと?それも時期が参りましたらお話しさせていただきます。

時期は?

直に。

 

こんな投稿をFacebookにしたら反応がよかったので、平和ボケをしている

日本人の私のソウルレポートを仕事のカーテンの事も含めて書いてみたいと

思います。

今回もLCCのピーチの大阪ソウルの片道運賃が3990円だったので、妻と1泊2日で

行ってきました。

朝7時40分関空発で、韓国の仁川には9時20分には着いて、帰りは20時40分で

関空には22時20分に着きましたので、2日まるまる楽しめるのです。

ソウルは日帰りもよくします。

今回の目的は

1)ソウルにあるオーダーカーテン屋さんと情報交換をすること

DSC05933

DSC05941 DSC05918

2)Airbnb(エアービーアンドビー:略称エアービー)を利用して民泊して

現地の様子を知ること。

DSC05966

DSC05970 IMG_9021_R

3)朝鮮半島の状況をこの目で確かめること。

4)おいしいものを食べること。

DSC05944

DSC05912 IMG_9050_R

5)カジノで勝つこと、マッサージをすること

 

でした。

あと3回に渡って書いていきます。

 

カーテンと窓周り品のお求めは全国の窓装飾プランナーのいるお店でお買い求めください。

2窓装飾プランナーのいるお店窓装飾プランナーのいるお店はこちらをご覧ください。

第4回窓装飾プランナー資格試験はこちらです。

合格を目指すための窓装飾プランナー養成講座はこちらです。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  

役に立った場合は右のバナーをクリックしてください。

 ブログランキングの順位が励みになります。

 

instagram_01 .

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

リビング階段の寒さ対策にカーテンをとりつける

戸建住宅で10年ほど前から流行りだしたのがリビング階段。

これは、リビングにある階段のことで、メリットとしては家族が必ず顔を合わせる

ことができるというのがあるのですが、デメリットとしては寒いのです。

冷たい空気は上から来るし、暖かい空気は上に行くため、1階のリビングは

2階からの冷気で寒いのです。

 

先週ご来店いただいたお客様は同じように寒いということで悩んでおられ、

ご自身でもいろいろと工夫されてカーテンをとりつけて間仕切りにされていました。

お客様のお宅に伺って、私もびっくりしたのですが、リビング側にある

キッチンの換気扇を回すと、空気が循環して上からの冷気でカーテンが

部屋側に膨れ上がるのです。

その対策として、カーテンにマグネットを取り付けて、巾木にも受けの

マグネットを取り付けてカーテンが舞い上がらないようにされていました。

それでも、こんな感じでカーテンの下から冷気が漏れます。

170129-111907_R

170129-112039_R 170129-112005_R

 

ホームページ・ブログをみてご来店を頂いたのですが、お客様は当店のスタッフに

「ここでやってもらってうまくいかなかったら諦めがつく。」

おっしゃっていたとのことでした。

ひじょうにうれしいお言葉で、こういうことを言われるとなんとかしてやりたいと

思うのです。

「他社にも見積もりをしてもらったところ、お宅の方が高かったけど、

お宅にお願いしたい。」

こんなことを言われるのも大好きです。

意気に感じていい仕事をしてお客さんに喜んでもらいたいと思います。

「他社で見積もりを取ったところ、他社の方が安いんだけど、それに合わせてくれたら

お願いしたい」というようなこともよく言われます。

こういうのはあんまり・・・・

深入りしない方です。

 

 

だって人間だもん。

 

 

気持ちよく仕事をしたいと思っています。

こちらの現場で工夫したことは

同じようにカーテンでつくったのですが、

1)カーテン生地はフロッキー加工の重いものにしました。

2)レールを手前に天付けして、開口部より両サイド15㎝ずつ長くしました。

2017-02-05 14.15.34

2017-02-05 14.15.02

3)床ぎりぎりにカーテンの丈をしました。

2017-02-05 14.13.15

4)マグネットをカーテンの裾の両端の耳の折返しの中に入れました。

生地の中に入れて2枚重ねの中にはいるため、フェライト磁石ではなく、

より強力なネオジウム磁石にしました。

2017-02-05 14.13.23

2017-02-05 14.13.29 2017-02-05 14.13.41

5)カーテンの両端の耳の部分は、通常より少し長めで、フックから4㎝にしました。

2017-02-05 14.14.41

6)開けた時にカーテンが戻らないようにレールにカーテンストッパーを

入れました。

2017-02-05 14.14.49

7)カーテンストッパーを入れる時は、天付けブラケットを用いなければならない

のですが、そうするとレールが部屋側にくるのでブラケット分、前にでます。

それを少しでも階段側にレールを付けるために、レールと天井の間に

ワッシャーをかまして直付けしました。

8)カーテンが広がらないように簡易型形態安定加工をしています。

 

こうすることによって、カーテンが煽られることがかなりなくなりました。

 今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 お知らせ

2月17日(金)は30周年の創立記念日のため休業いたします。

2月11日(土)は建国記念日で祝日ですが営業いたします。

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

寒さ対策にカーテンの丈は床ぎりぎりに

寒くなりました。

昨日ご来店いただいたお客様は、「寒いからなんとかしてくれ」というのが

3件ありました。

2件は吹き抜けで、私のブログをみて天幕をしてほしいという依頼で、もう1件は

リビングの階段で2階からの冷気対策でした。

先日の日本経済新聞のNIKKEIプラスワンにも、エアコン代を抑える方法として

カーテンは厚手のものを使い、丈を長くしましょうというようなことが書かれていました。

IMG_6361

IMG_6362

(画像はクリックをすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックを

すると拡大して読めます。)

ウエブサイトはこちらです。

 

 

冬に納品する場合はよく床ぎりぎりに作ってほしいということをよく言われます。

夏になったら夏用のカーテンに取り替えるというわけではなく、年中同じ

なのですが、心理的な影響があるのだと思います。

実際に冬に外気に窓ガラスで冷却された室内空気が下降して、冷たい気流は

壁・床表面をゆっくり移動するため、窓の下や床が冷たくなるのを

コールドドラフトと言います。

これを防止するには、カーテンを床に引きずるように作るのがいいのです。

ヨーロッパでは、冬は寒いのでそのようにつくるのが当たり前なんですが、

清潔好きの日本人は、カーテンが汚れるのでそれはあまり好まれません。

その対策としては、以前にもブログに書いているのですが、冬だけカーペットの

ハギレをカーテンの下に敷く方法

寒さ対策 冷気防止カーペット「ほっとするー」

ジョイントマットを敷く方法

カーテンと床の隙間風対策にジョイントマット

 

等があります。

 

先週納品をした床ぎりぎりに作ってといわれた施工例

DSC04473 DSC04477

DSC04474 DSC04472

寒さ対策には裏地をつけるのが効果があります。

生地はマナトレーディングのミルキーウエイ5、裏地はマナのノッテ

レースはマナのリネット2

 

DSC04464

DSC04465 DSC04466

1.5倍使いでドレープは川島織物セルコンのメゾンドコンフォートの

MC7329、レースはMC7407です。

 

 今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 お知らせ

2月17日(金)は30周年の創立記念日のため休業いたします。

2月11日(土)は建国記念日で祝日ですが営業いたします。

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

トルコ製の巾継ぎのないドレープ(厚手カーテン)

最近ブログネタになるような施工例が少ないのです。

当店では、ウェブ広告やチラシなどの広告宣伝費を一切使っていないので、まじめに

ブログを書くしかないのですがけっこう行き詰まってます。

昨日に続いて普通のカーテンを取り付けた話です。

中古マンションをご購入されたお客様で4窓同じ商品をレールに引っ掛けるのと、

タッセル金具の取り付けです。

ブログには書けるほどの内容はないのですが、仕事としてはいいのです。

ブログに書くため無理やりテーマを探しています。

今回取り付けたドレープはトルコ製で生地巾が286㎝で、横に使いまして

どんなに大きな窓でも巾継ぎなして取り付けられるのです。

以前にも書いたのですが、オーダーカーテンに巾継ぎがあるのはおかしいという

お客様がおられます。こちらをお読みください。

カーテンの生地は一般的に150㎝、137㎝、100㎝巾などで、大きいカーテンを

作るにはどうしても巾を継がなければできないのです。

以前は、そういうお客様がたまにおられましたが、巾継ぎのある展示サンプルを

つくったり事前に説明するようになってからはおられなくなりました。

でも、カーテン屋では巾継ぎが入ることは当たり前のことと初めから

思っているのですが、エンドユーザーは意外と巾継ぎのはいらないカーテンを

望んでおられます。

レースは3m巾の横使いの商品があって、巾継ぎが入らないことが多いのですが、

たまに150㎝巾のタテ使いのレースと比較検討されるときに、「こちらは

巾継ぎのはいらないレースです」というとこれに決まることが多いです。

当店では、巾継ぎのはいらないカーテンを「シームレスドレープ」と呼んでいます。

%e5%b7%be%e7%b6%99%e3%81%8e%e4%be%8b

当店ではお客様のニーズにこたえるべく、巾継ぎのないシームレスドレープも

展示しています。

dsc03144

こちらはトルコ製で286㎝巾の横使いで、1433円/㎡(1mあたり4100円税抜)

高さのある大きい窓にはお買い得感があり、横200㎝×高さ250㎝の2倍使いの

サイズならば25100円(税抜)です。

dsc03142 dsc03140

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

ロールスクリーンのカビとり

最近はけっこう忙しいのです。

今はなぜか吊り替えのお客様が多いのです。

ひじょうにありがたいのです。

窓周り品の吊り替え需要は莫大にあり、業界紙や業界の評論家は

「新築に依存するのではなく、吊り替え需要を狙いなさい。」と

いわれます。

そんなのはわかっているのですが、そのために何をしたらいいのかが

わからないのです。

新聞折り込みチラシを大量にまいたところで、今や費用対効果は

ひじょうに悪いのです。

ネット広告も今やけっこう金額がかかります。

ネットで情報発信するために、ブログで「カーテン 吊替え」とかを

たくさん書くしかないのかなと思っていつもブログを書いています。

 

吊り替えされる時期を最近の事例からみると、2000年から2004年に

取り付けた物件が圧倒的に多いのです。

その結果、窓周り品の吊り替えは、12年から16年が多いということが

わかりました。

このケースは、破れたとかひじょうに汚くなったということでやむを得ず

ということです。

家丸ごと吊り替えというのも、この景気の中で意外と多いなと

思っていますが、部分的な吊り替えや生地交換というのも

多いのです。

カーテンクリーニングも、キャンペーンをしていないのですがけっこう

多いのです。

30年近く商売をしていて、初めてプリーツスクリーンの生地交換というのも

ありました。

ロールスクリーンの生地交換もあります。

 

さて、本題です。

近くの方で、他店で購入されたロールスクリーンの生地のみ交換したいと

いって3台持ちこんでこられました。

メンテナンスシールが貼ってあって、2002年製のニチベイのものでした。

メカの動きをみるとまったく問題はないので生地交換だけすることに

なりました。

持ちこまれたロールスクリーンは3台ともカビだらけでした。

DSC01970

すごいな!!

生地交換も受注しまして、取り替えしてから取りにくるとおっしゃたので、

どうせ捨てるのならば、カビキラーでカビが取れるかの実験をして

みました。

DSC01973

外でカビキラーを噴射しました。

 

そしたら

DSC02002

「こんなになりました」というおはなしです。

 

カビキラー すごい!!

今までもレースカーテンのカビを取ったこともあり、カビキラーでカビは

落ちることはわかっていました。

実験として

1)色が落ちないかということ

2)輪じみができないかということ

3)ウォシャブルでないロールスクリーンに水をかけても大丈夫かということ

すべて大丈夫でした。

こちらには経験による技というのがありますが、みなさまに

おススメするものではありません。

エンドユーザーがされる場合は、失敗したら捨てる覚悟がある時で、

自己責任でお願いします。

当店ではカビとりの依頼は承っていません。

 

一般的に白でないものは色落ちする可能性がありますし、輪じみに

なる可能性も大です。メーカー的にいうと絶対しないでくださいと

なります。

 

経験による技としては、カビの部分にカビキラーを思い切り噴射します。

5分ほどしたら輪じみにならないように、全体に水で霧吹きをします。

ボトボトになるぐらいします。

そのあと、臭いがきついので水をかけて洗い流します。

1日外の日陰で乾かします。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

1 / 2412345...1020...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.