カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

ナニックのウッドシャター

長い夏休みを取っていました。

ブログのことです。

昨日から40日ぶりにブログを再開しました。

しばらく書かないでいると、たまに「どうされたんですか?」と

心配してくれる方がおられます。ありがたいです。

いや〜、毎日暑くて夜にブログを書く気力がなくて、早く帰って

焼酎を飲んでよく寝てました。

仕事もけっこう忙しくしており、私もよく現場取り付けに走っていました。

7月8月は大阪のカーテン業界は超高級大型物件のグランフロント大阪

オーナーズタワーマンションとジオタワー天六の納品がありまして

ミニバブル状態でした。

高級志向のメーカーや周りの同業者に聞いてもどこも忙しいといっておりました。

当店も少し、そのおこぼれをいただいていました。

そんな中、8月14日は徳島市の阿波おどりに行ってきました。

春頃、フランスの新聞記者が「 阿波おどりは世界に誇れる

日本の文化だ。リオのカーニバルに匹敵するぐらいなので、

もっと世界に向けて情報発信すべき。」と書いておられたのを日本の新聞で読んで、

「こりゃ行かねば」と思いました。

5月にホテルを予約しようとしたら全く取れなかったんですが、

その旨、SNSでつぶやいたら徳島市の同業者がすべて手配してくれました。

阿波おどりは初めて観ましたがほんとに素晴らしく感動しました。

これはほんとに8月15日に世界に向けて、この情景を発信すべきだと思いました。

いかに日本が平和ですばらしい国かということがよくわかります。

これをみれは、日本は右傾化しているなんて誰も思わないです。

まっすぐ前を向いて真剣に踊っておられます。

特に隣国に忠告(ちゅうごく)と勧告(かんこく)しなければなりません。

踊るアホにみるアホ
同じアホなら踊らなそんそん。
そういえば外国人観光客は少なかったように感じました。
さて、本題です。

リフォームでドア(引き戸)と腰窓の障子のをウッドシャターに取り替えです。
 
 

左側が取り替える前で、右側がウッドシャター(がらり戸)施工後です。

10年程前、グアム島のリゾートホテルに泊まったときに窓にはがらり戸が

ついていました。
その時に、これが日本で普及すれば、カーテン屋としての仕事が

なくなるなと思ったものです。


そしたら、この商品を勉強して販売できるようになればいいなと思って

10年でやっと販売できるようになりました。

この商品は日本のメーカーではあまりやっているところが少なくて
ナニックぐらいでしょうか?
幸いにしてインテリアルートで、カーテン屋が簡単に仕入れられる商品です。

 
上の写真が引き戸です。

ルーバーを手で動かすことによって風を通すことができます。

 
 
こちらは折戸です。材質はバスウッドです。

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

インターコンチネンタルホテル大阪のカーテン(2)

(1)からの続きです

よくお客様から○○○ホテルのようなカーテンにしてほしいといわれます。

グランフロントには、8月に入居可能な「グランフロント大阪オーナーズタワー」と

いう超高級マンションがあります。

5月から内覧会が始まっており、当店でも数件同行でカーテンの実測に伺いました。

コンセプトはホテルライクではなく、完全なホテルというマンションです。

 インターコンチネンタルホテルは、その隣です。

仕事柄、「インターコンチ」みたいに電動のものをつけたいとか言われて

知らないではすまないので、勉強のために宿泊してきました。

セントレジス大阪もオープンしたときに宿泊しましたし、大阪の高級ホテルは

ほとんど勉強のために宿泊してます。

来春には、トーソーがショールームを開設する「あべのハルカス」に

大阪マリオット都ホテルがオープンしますので、それも楽しみです。

 

7月3日に新発売になるリリカラのカーテンの見本帳「FABRIC DECO」の

説明会が先日ありまして、カテゴリーで「M-FRONT  Comfort」では

「モダンテイストのデザインとカラーは、ホテルで過ごすようなくつろぎの空間」と

いうコンセプトでつくられたカーテンと言っておられました。

防炎機能に全点遮光の機能をつけたということでした。

カーテンだけで、ホテルでくつろぐような空間を演出することは無理です。

ビジネスホテルは別として、一流ホテルでは遮光のカーテンは使われていません。

表地のカーテンは普通のもので、裏地をつけて、その裏地が完全遮光のものに

なっています。

ホテルのカーテンは、安眠のために完全遮光が求められます。

 

インターコンチネンタルホテルのカーテンについてです。

 

 

 

手前が電動のシャープシェードに完全遮光裏地付きで

奥がシースルーのトーソーの電動のロールスクリーンです。

これについては次回に書きます。

シェードを普通に縫うとリング付きテープを縫い付けなければならないので、

針穴(ピンホール)が見えます。

シャープシェードもバー袋を横に縫い付けますので同じです。

遮光、特に1級や完全遮光のものは生地の部分から光が漏れにくいので、

針穴が余計に目立ちます。

一般的に裏地付きでリング付きテープを縫うとこんな感じです。

   

これをこのようにしないようにはするには、裏地と一体縫製をしないで

やるやり方です。

表地にはシャープシェードのバー袋を縫い付けます。

紐をバー袋にくくり、完全遮光の裏地から紐の部分だけ外に出します。

そうすると、裏からみると紐が出ている部分だけが穴が開いていて光が漏れにくいのです。

 

このやり方は、川島織物セルコンやニチベイのプレーンシェードの遮光裏地付きで

やっています。

工業用ミシンのデカい針のようなものを後ろからさして穴を広げて、

そこから紐を引き抜くというやり方です。

 

ひじょうに面倒で時間がかかります。

それがお金に反映されて高くつきます。

 

横からの光漏れを防ぐためには、設計段階から工夫されています。

 

 

 上の左の写真は後ろからみたものです。

フレームのように設計されています。このようになっていないと

シェードの場合は、どうしても横からの光漏れがします。

その結果、昼間、シェードを下げると、

下の部分が少し光が漏れる程度です。

次回は電動のロールスクリーン、防炎の問題、お風呂と寝室の間仕切りドアの

ファブリックについて書きます。

続く

 

続きを読みたいですか?   はい、クリック

 

 

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.