トーン » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

タチカワの「Tーone」に掲載されました。

今日、ご来店頂いたお客様は神戸からお見えになって、私のブログをよく読んでいただいているとのことでした。
ブログを読んで、クローゼットが入隅いっぱいにきているのをヨコの壁のレールが干渉しないように設計変更までされたというお話を伺いました。

とてもうれしい~

ご主人さまがよく読んでいただいており、私のダジャレもおもしろいと言って頂いたのですが、隣で奥さまが「また、書いてはる~という感じ」と突っ込まれました。

今日は真面目で硬い話です。

今日の心に語りつづける言葉

自己啓発に努めよ。これがないから、君には、迫力も、進展も、自信もない。

                    
サンゲツダイアリー2011 week10より



さて、本題です。
立川ブラインドのインテリアコーディネーター向けの情報誌「T-one(トーン)」の表紙に私が掲載されました。


T-one







































画像をクリックしてもう一度クリックすると読めます。

タチカワに対してはブログで「勉強していない」と厳しいことをいっぱい書いているだけに、こうしてお呼びがかかったことがひじょうにうれしいです。
ありがとうございます。

企画会社の方から「タチカワの情報誌の件で取材させてほしい」と電話連絡があった時は、「うそでしょ」といったぐらいです。タチカワからのたっての依頼ですと言われたので、すすめていったのですがタチカワから話があったのは原稿ができてからでした。私の方からジャパンテックスの時にタチカワの担当者に確認に行ったぐらいです。

今回の配布もツイッターで知ったぐらいで、知らない方が「小嶋さんがトーンに載っていました。顔が渋いですね」とつぶやいているのをみてわかったのです。


この情報誌はインテリアコーディネーター向けに配布されているので業者では知られていないと思います。

「T-one」はトーンと読ませていますが、タチカワNo1という意味もあると思います。
「気になるあの人」というタイトルでよかったです。「あの人は今」だったらどうしよう。

この情報誌の原点は13年前にタチカワの大阪のハウジング担当の営業員が、ファックスの同報通信で住宅メーカーのコーディネーターにタチカワの商品情報をワープロで打って送っていたそうです。

インテリアコーディネーターは向学心旺盛で、けっこう評判がよかったようです。
ある時からタチカワの女性社員が、自分自身のことやちょっと気付いたことを手書きでコメントしたものも付け加えたところ、ブレークして、今までハウジングメーカーでは、メカものもトーソーが強かったのですがイッキにタチカワのシェア拡大につながったとのことです。

これが大阪の一社員がやっていたのが本社に認められて、本社企画で全国に配布するようになりました。

今なら、メルマガ発信で、どこのメーカーもやっていることを13年前にタチカワがファックス同報通信でやっていたのがすごかったです。

すばらしい営業です。

その方は、今年謎かけでブレークしたWコロンのねづっちさんに顔がよく似ているのです。

ととのいました。

「カーテン夢工房とかけて、来年のタチカワの仕入れと解く」

そのこころは

       「とんとん拍子(トーントーン表紙)」

                              ねづっちでした。




ブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



      織物研究会

 

 

 ブログのトップ


オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.