カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

プレーンシェードのリングピッチ(2)約30㎝の場合

昨日のブログで、プレーンシェードのリングピッチが約25㎝の場合の施工例を

書きましたが、今日は約30㎝の場合の施工例です。

当店の場合は、プレーンシェード製作丈が231㎝を超えた場合はリングのピッチは

約30㎝の均等にしています。

メーカーの縫製はほとんどが20㎝ぐらいなので、30㎝にしているところは

少ないと思います。

 

今回の現場は製作丈が270㎝のツインシェードです。

DSC05235

DSC05243 DSC05238

DSC05244

DSC05242

リングの間を大きくした方がきれいにあがります。

生地は表側が川島織物セルコンで、レースはフィスバのCAROLE02587-700です。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

9.4mの窓に1.3倍のフラットカーテン

 10年以上前ぐらいからですが、それ以前はほとんどなかったフラットカーテンがよく

出るようになりました。

文字通りフラットなのですが、カーテン業界ではヒダ山をつままないカーテンのことを

言っています。

そのため、レールの長さとほぼ同じ幅のカーテンは1.05倍フラットになり、

1,2倍フラット、1,3倍フラット、1,5倍フラットカーテンというようなものがあります。

どのぐらいの倍率にするのがいいのかという問題に関しまして、好みもありますし、

生地のデザイン・柄にも寄ります。

柄による倍率に関しましてある程度アドバイスはさせていただいていますが、

1,2倍がいいのか1.3倍がいいのかと言われれば、それはお客様の好みに

お任せしています。

決まったものに関しては、専門店である当店としてはもっともきれいに納まるように

工夫はさせていただいています。

今回納品した現場は、幅9,4mあるボウウインドウでフィックスになっていて

開けることのできない窓でした。

デザイン的なことも考えて、1.3倍のフラットで片開きでつくることになりました。

sc03353

 

 横使いの生地で、幅を12.5mに仕上げたのですが、幅9,4mの窓にこれを吊っても

きれいなウエーブが出ないのです。

そんなときは、ドイツ製のピッチホールドテープを使い、常にウエーブが出るように

します。

dsc03337

dsc03357

生地はクリスチャン・フィッシュバッハ(フィスバ)のティアトロ10653-304

フィスバのメーカー縫製をしても、こんなことはやってくれないのです。

どこの店で注文をしても、メーカー縫製になれば同じだろうと思われるかもしれませんが、

専門店にはそれなりの経験と技があります。

このピッチホールドテープを使うことによって、ある程度均等のウエーブが

崩れることなく保つことができます。

この商品は3m巾の横使いでこんな柄です。

161017-182350_r

取り付ける窓の丈が2.1mで、この生地のどこかを切り落とさなければならないのです。

その結果、裾を20㎝切り落として、そこから丈出しをすることになりました。

dsc03356

dsc03358

そうすると、生地の上部が55㎝ほど余ることになり、それが12.5mあります。

これを活用するために、その生地でボルスターやクッションを作りました。

その話は明日書きます。

dsc03349 dsc03346

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

※インテリア関係者のオフ会(10月27日)のご案内はこちら

オフ会は10月15日時点で113名の申込みがありました。

今回は会場の都合で120名定員になっていまして、残り7名です。

事前申し込み入金制になっていますので、当日の飛び入り参加はできません。

融通がききませんので、参加希望の方は今すぐにお申し込むください。

定員になり次第締め切りになります。

10月18日記

お蔭さまで定員に達しました。

多くの方からお申し込みをいただきましてありがとうございます。

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

プレーンシェードの巾でちょっとした工夫

軽めのブログです。

フィスバのの生地、CAROLE(キャロル)02587-717(290巾)を

タテ使いにしてプレーンシェードを枠内に取り付けました。

DSC02153

DSC02152

和室にとっても似合う生地で素敵です。

 

ブログのタイトルを「フィスバの生地でプレーンシェードをつけました。」

にして、これだけでもブログとしては問題はないと思っていますが、何か

一工夫したことを伝えなければならないと考えるのです。

 

窓枠内付けというのは、インテリアアドバイザーの指示でしたが、

枠内の奥行があまりありません。

DSC02137

写真を撮るタイミングが悪くて、ブラケットをつけた後の撮影なので

よくわからないと思います。

手間で測ると、内寸が2265㎜ありますが、その巾での奥行はあまりありません。

両端10㎜ずつサッシ枠がでています。

そのため、シェードのメカサイズは2240㎜でつくり、生地の縫製

サイズは2260㎜で作りました。

生地だけ、両サイド1㎝ずつ長めに作っています。

DSC02140 DSC02141

DSC02142

右側も同様です。

DSC02145 DSC02150

それで、両端はほとんど隙間なく取り付けられました。

DSC02151

 

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

クリスチャン・フィッシュバッハのレースを取り付ける

「クリスチャン・フィッシュバッハ」とはカーテンの高級ブランド

FISBA(フィスバ)のブランド名で、ヨーロッパではこちらの

ブランドで統一されているのですが、日本では「FISBA(フィスバ)」と

呼ばれていることが多いのです。

ヨーロッパのファブリックのメーカーとして、最も早く日本に進出しまして、

百貨店での販売を中心にしていましたので、日本では高級ブランドとして

定着しています。

 

インテリア業界では「さすがサンゲツ」と「やっぱりフィスバ」は

一つの言葉として浸透しています。

日本フィスバのレース、マルチカラー10590-104(GN)を8mの

窓に取り付けました。

こちらは簡易型形態安定加工もしていませんが柔らかくてきれいな

ヒダがでて、手触り感もすごくいいのです。

昼間にレースの写真をきれいに撮るのはひじょうに難しいのですが

施工写真です。

DSC04727

DSC04715

DSC04722

台形の大きな窓ですが、右の斜めの辺と左の辺の長さが違うため、

均等のに2分割すると中心の大きな辺のど真ん中に両開きの中心が

来ないのです。そのため、右片開きと左片開きの巾を変えて、大きい

窓の中心に分かれ目を持っていき、ヨコのリピート130㎝の柄が

流れるように作っています。

そこらあたりの話は、接客した女性スタッフが後日、スタッフブログに書きます。

2015.04.06  女性スタッフがスタッフブログにアップしました。

DSC04711

手前のドレープ(厚手カーテン)はインハウス(五洋インテックス)の

IH219-01です。

DSC04732

別の部屋では、フィスバのレース、マルチカラーのストライプを

ボーダー使いにして、ツインシェードのレースはシャープタイプに

しています。シャープバー袋を使わない当店オリジナル仕様です。

DSC04744

DSC04748

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

ピッチホールドテープで1.3倍フラットカーテン

当店では、ここ最近フラットカーテンの1,3倍以上ではピッチホールド

テープを使って、均等なウエーブが出るようにしています。

ピッチホールドテープとはギャザーテープみたいな商品でヒモをひっぱると

均等なウエーブがでるようになっています。

DSC04173

フック間は山になって

部屋側にくる方は11センチピッチで、谷側にくる方は8センチピッチで

正確にいうと山が大きくて谷が小さい均等ピッチです。

このテープを使わないと均等にウエーブが出にくいのです。

(テープのヒモを引っぱる前の施工写真 1.3倍状態

DSC04183

DSC04180

テープを使うとフック間は常に一定になります。

DSC04192

DSC04193

 

両開きですが、真ん中の部分は耳があるのですが、柄は流れるように

縫製しています。

DSC04176

DSC04178

↑ 少し開いている。写真はわかりやすくするためにテープのヒモを

引っぱる前に撮っています。

生地はフィスバのサーペンタイン54093-20

 

ドレープはお客さんが知人から買われたサンゲツのカーテン

DSC04191

 

サンゲツのメーカー縫製は簡易型形態安定加工が標準仕様でないのです。

 

 

今日のブログは15分で書けました。

いつも1時間以上かかっているんです。

施工写真を載せる簡単なブログでもいいですかね?

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

動物柄の生地でシェードをつくる

先日、福井市に行ってきました。

主目的は越前海岸にある純喫茶「cafe mare」さんに行くことで、ここはフェイスブック

ページで「いいね!」が4800以上あり、その魅力はなんなのかを知るためです。

アポなしで行ったにもかかわらず、美人ママが、親切丁寧にお話をしていただき、

たいへん刺激になり勉強になりました。

 

わからないことがあれば現場に聞け。

当店は現場主義。

現場を起点にやっています。

 
「カーテン夢工房」を作って今年は21年になります。(創業28年)

最初の10年は地上戦で、DMを送ったり、ポスティングをしたりしていました。

そのあとの10年は空中戦でインターネットでの情報発信に力をいれてきました。

これからの10年は接近戦で、エンドユーザーともっと近づくために

フェイスブックやLINEに力を入れていきたいと思っています。

 

カフェマーレさんにて

IMG_2117_R

IMG_2116_R IMG_2118_R IMG_2120_R

集客のためにフェイスブックブランディングをして、相当努力されています。

常に前向きでした。

 

夜は、サラリーマン時代の元同僚と福井県・三国町の民宿「ふるき」さんで

越前ガニのフルコースを食べてきました。

ここは、魚屋さんがやっておられる民宿で安くて最高に美味しかったです。

「ふるき」を訪ねて「あたらしき」を知る。

うまかったな〜 どうでもいいが動画です。

 

さて、本題です。

最近、動物柄のカーテンがよく出るようになってきました。

動物柄は、上下の部分でからだの部分がカットされないように柄出しを

しなければならず、けっこう気を遣うのです。

事前に柄のリピートをみて、この位置で柄を出そうと決めるのですが、

メーカーからの出荷はこちらの欲しいところがうまくでるようにカット

されてこないので、こちらの負担で1リピート余分に取らなければならないのです。

DSC03883

DSC03885

DSC03887

DSC03889 DSC03888

生地はフィスバのパピオン(PAPILLON)14172-217 135㎝巾 18200円/m

 

同じ現場でクリエーションバウマンのクッションも納品させていただきました。

引っ越し前で、まだ家具はないので和室で写真を撮っています。

DSC03890

VANAの84と85

クッション1個が20000円以上します。

 

 

今日の話はよかったですか?  いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

フィスバのレースとPASAYAのドレープ

最近、小忙しいのです。

リピーター(以前当店でお買い上げいただいたお客様向け)にカーテンクリーニングの

キャンペーン(11月20日まで)をやっていまして、それがようやく浸透してきまして

その引取り取り付けに走り回っているのです。

お店の斜め前にある高級スーパーの「おいしい紅茶の入れ方セミナー」に行ってきました。

DSC02818

DSC02816 DSC02815

私はお茶屋の息子で、小嶋家に伝わる一子相伝の日本茶の入れ方がありまして

うるさいのです。

人の投稿に茶々いれるのも好きです。

紅茶も好きですが、入れ方は自己流のため勉強してきました。

紅茶もなかなか奥が深いのです。

 

 さて、本題です。

 

フィスバ(クリスチャン・フィッシュバッハ)のレースDARA14163-300を手前に、

窓側にはパサヤのドレープ(厚手)MOZART   NAVAJOを取り付けました。

DSC02844

DSC02837 DSC02840

DSC02842

 

この分が輸入生地で納期が遅くなり、他の窓はレールとともに先に

取り付けていたので、これだけを私があとから吊りこみに行きました。

ただ、それだけの話です。

SEO対策で検索に引っかかるように、当店はフィスバもやってますよ、

パサヤもやってますよということのアピールですみません。

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ     JAPANTEX 2014

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

タグ : ,
1 / 41234

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.