カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

調光ロールスクリーンの操作について(窓装飾プランナーBOOKより)

ブログの読者の方から、便せん6枚にきれいな字で書かれてお手紙をいただきました。

インテリアのことは何も知らなかったけど、私のブログを読んで勉強して、

窓装飾プランナーに合格できたという御礼のお手紙でした。
 
 
現場での動き方や対処等を教えて下さったのはテキストではなく、惜しげなく

情報提供してくださった小嶋社長です。どうしても御礼を申し上げたく、

こうしてペンを取りました。本当にありがとうございました。」

と書かれていたことにちょっと感動しました。

「業界全体の向上をいつも考えていらっしゃる社長の事を○○の工場より密かに

応援しております。」

とも書かれていて、「向上」と「工場」には注意を喚起するためにルビがついていて、

おシャレが読者に伝染していることをうれしく思っています。 

最近はブログ投稿を3000回してから手抜きをしています。

もう少し、しっかりブログを書きなさいという叱咤激励のお手紙と受け取りました。

インテリア、テを抜けば インチキヤ

 

ブロガーとして、顔の見えないエンドユーザーの方からこのようなお手紙を

いただくのはほんとにうれしいです。

ありがとうございます。

 

さて、本題です。

 

12月6日に日本インテリアファブリックス協会(NIF)がホームページ

窓装飾プランナーBOOKの訂正をアップしました。

こちらです。

(画像はクリックすると別のページに飛び、そこでもう一度クリックすると拡大します。)

調光ロールスクリーンは、今まで電動式もあるとしていましたが、

2017年12月6日付けで、操作方法はチェーン式のみに訂正しました。

 

調光ロールスクリーンは、光をコントロールすることのできるロールスクリーン

です。

私のブログでは、昇降式調光ロールスクリーンといっているトーソーの

ビジックやタチカワのデュオレです。

それと、2014年4月に発行された窓装飾プランナーBOOKには載っていなかった

のですが、昨年10月に改訂版が発行されてそこには取り上げられている

生地の重なりが箱状になっている調光ロールスクリーンもあります。

日本インテリアファブリックス協会のホームページの改訂版の案内は

こちらです。

 

(画像はクリックすると別のページに飛び、そこでもう一度クリックすると拡大します。)

私のブログでは開閉式調光ロールスクリーンといっているもので、ニチベイの

ハナリ、トーソーのラクーシュ、WISのFUGA(フーガ)、ハンターダグラスの

シルエットシェード等があります。

 

日本インテリアファブリックス協会は、この度調光ロールスクリーンの

電動式はなく、操作はチェーン式のみと訂正しました。。

でも、実際は電動式の調光ロールスクリーンはありまして、今は

FUGAの電動式は大人気です。

 

動画です。真ん中の三角をクリックすると動画になります。

 

なぜ、今回日本インテリアファブリックス協会がわざわざ「調光ロールスクリーン」

の電動式はないと発表したかというと、トーソーの電動の調光ロールスクリーンの

ビジックATが廃番になったからだと思います。

でも、実際はあるのですが、それは日本インテリアファブリックス協会に

加盟しているメーカーの商品ではないから認知していないのだと思います。

 

民間の団体が出している書籍ですので、自分たちの商品だけを認知するのは

まったく問題のないことです。

 

私はこの本はひじょうにうまくできていて、インテリア業界の窓装飾の

「バイブル」と思っていましたが、単なる参考書です。

 

冒頭に書きました読者からのお手紙で「現場での動き方や対処等を教えて

下さったのはテキストではなく私のブログ」と書いていただいていますが、

窓装飾プランナーの資格試験では、窓装飾プランナーBOOKに書いている

ことから答えなければなりませんので、私のブログをみて調光ロールスクリーン

には電動ロールスクリーンはあったと思うと不正解になります。

また、本だけ勉強していても、ホームページの訂正の案内を読んでいないと

間違うこともありますので気をつけてください。

 

それとニチベイの調光ロールスクリーン「hanari(はなり)」には

ループコード式という操作方法があります。

 

施工例

 

ニチベイは日本インテリアファブリックス協会の正会員です。

でも、今回の訂正は「調光ロールスクリーンの操作はチェーン式のみになります」

となったことで、窓装飾プランナー資格試験で調光ロールスクリーンには

ループコート式もあったなぁと思ったら不正解になります。

 

トーソーの調光ロールスクリーン「ラクーシュ」はチェーン式です。

今回の12月6日付けの訂正では、トーソーの天窓用のプリーツスクリーンも

廃番になったため、プリーツスクリーンの説明欄には天窓用は削除されました。

 

日本インテリアファブリックス協会の正会員でないメーカーの商品は

認知しないというのは理解できますが、

正会員であるニチベイの商品がどうして認知されていないのかはよくわかりません。

 

日本インテリアファブリックス協会には

 

闘争心(トーソー心があるのかもしれません。

 

窓装飾の商品知識が豊富で、窓装飾プランナーのいるお店は

planner_02

 

 

今日の話は役に立ちしたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

ニチベイの調光スクリーン「ha・na・ri(ハナリ)」を展示

チャイルドセーフティの問題に関しましては続きがまだまだありまして、

今後も書いていきますが、今日は別の話です。

ニチベイが新しく調光スクリーン「ha・na・ri(ハナリ)という商品を7月1日に

発売して、当店の店内にも展示しましたのでご紹介します。

この「ha・na・ri(ハナリ)」という商品はハンターダグラスのシルエット・シェードと

トーソーのラクーシュとひじょうに似た商品です。

というか、同じような商品です。

これは、私が開閉式調光型ロールスクリーンと言っている商品です。

ニチベイは、もう一つ調光ロールスクリーンと名付けているものがあり、

それはトーソーのビジックやタチカワのデュオレとよく似た商品です。

私が昇降式調光型ロールスクリーンと言っている商品です。

 

この「ha・na・ri(ハナリ)」は京都弁の「はんなり」から来ていて、

明るさの中にもそこはかとない上品さ、優雅さが漂う様子” を意味する京ことば

からイメージされているようで、社内で名称の募集をしたところ、滋賀県の人の

提案が採用されたそうです。

インテリア業界は、各社が好き勝手に固有名詞をつけていて、一般名詞がおろそかに

なっています。

ハンターに、これをニチベイのシルエットと言っていいかときくと、

日本も、アメリカもシルエット・シェードがハンターダグラスの

登録商標ですと言われました。(固有名詞です。)

DSC01990

ニチベイのハナリの店内展示サンプルです。入り口のところに説明用に

展示しました。

DSC01971

当店はメカものに強い店のイメージをだすため、店内には114点の

メカもの商品の現物サンプルを展示しています。

上の写真は左からニチベイ「ha・na・ri(ハナリ)」真ん中はトーソー「ラクーシュ」

右はハンターダグラス「シルエット・シェード」です。

 

見て、触って、聞いて違いがわかるようにしています。

 

ニチベイのこの商品は、私は一押しです。

 展示会では5年ほど前から参考出展していましたが、なかなか商品化できずにいて、

苦節5年以上でやっと出来上がった商品です。

DSC01976

ニチベイのものは、手前のレースと後ろ側のレースの素材が違いまして、

ハンターダグラスと同じように光が屈折して柔らかい光が入ってきてきれいです。

製造方法もハンターとまったく同じで接着タイプです。

ウエーブ感もハンターダグラスと同じです。

それに対してトーソーのものは1枚の生地からできて、前の生地と後ろの生地が

同じ素材です。

そのため、光が直線的に入ってきます。

閉めているときに、生地にモアレがでて、酔ったような感じになります。

DSC01978

上の写真の右がトーソー、左がニチベイ

トーソーの方が、同じ素材のレースで透け感があり、光の入り具合も違います。

DSC01979

左がニチベイ、右トーソー

DSC01980 DSC01981

ニチベイとハンターダグラスとは製作サイズの捉え方が違いまして、

ニチベイは羽根を閉じた時が製作サイズで、ハンターは平行にした時が

製作サイズです。

ニチベイは、平行にすると15ミリあがり、ハンターは9ミリ下がります。

ニチベイのマニュアルでは発注サイズは枠内より1センチ短くとなっていて、

そうすると枠に内付けした場合、平行にすると25ミリ隙間があきます。

 

下のウエイトバーは緩衝材になっていて、そのなかに巻きずれ調整バーがついています。

DSC01983 DSC01984

(画像はクリックすると、別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

問題は素材がポリエステル100%の不織布1柄しかないことです。

私のこの業界33年の経験からいくと、不織布は静電気を帯びやすくて

汚れやすいのです。(この生地には制電機能はついていません。)

5年程すると、汚れで汚くなって気持ち悪くなると思います。

その場合は、超音波洗浄できれいにできます

当店では、超音波洗浄をやっていまして、シルエットではかなりの実績

あります。

当店で買っていただいた商品に関しましては、アフターサービスの一環として

洗浄も安くさせていただいていますが、他店購入分は世間並みで高くなります。

メーカーは新品が売れた方がいいので、クリーニングまではやってません。

5年以上使いたいと思われている方は、クリーニング等のアフターもきちっとできる店で

ご購入されることをおススメします。

 

 各社の特長

ニチベイ ha・na・ri(ハナリ)

レース地が前と後ろが違って光の屈折があり柔らかい光を取り入れる。

国内でも技術的に一番すぐれているメーカーなので、メカは安心できる。

メーカーのフォロー体制があり、クレーム対応してくれる。

生地が1柄しかなく、不織布で制電機能がついていないので汚れやすい。

防炎品はない。

 

トーソー「ラクーシュ」

レース地が前と後ろが同じで直線的な光が入ってくる。

モアレ現象が起こる。

メーカーのフォロー体制はいい。

すべて防炎品。高層マンションにはいい。

定価は各メーカー同じように設定されているが、防炎品としては安い。

 

ハンターダグラス シルエットシェード

生地のサイズ・色が豊富で、前と後ろのレースが違って柔らかい光が

入ってくる。(本家本元なので一番きれいと思う。)

メカの修理依頼がひじょうに多い。

(ハンターダグラスの商品は、ひじょうに壊れやすいですが特にデュエットがそうで、

このシルエットは当店では2年8か月間修理はありません。)

メーカーのフォロー体制がよくない。

(当店の場合は自社で動きますので問題はない。)

防炎品は30%アップ

 

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

リーズナブルな開閉式調光型ロールスクリーン新発売

当店では、開閉式調光型ロールスクリーンでとってもリーズナブルタイプな

ものを発売しました。

開閉式調光型ロールスクリーンというのは、

ハンターダグラスのシルエットシェードとよく似たものです。

というか同じ仕組みのもので、

最近では、トーソーがnew調光ロールスクリーン「ラクーシュ」をだしましたが

それと同じようなものです。

ハンターダグラスのシルエット・シェードはハンターダグラスの登録商標なので

勝手に使ってはいけないのです。

そのため、当店では一般名詞として「開閉式調光型ロールスクリーン」と

いいます。これはカーテン夢工房の小嶋が言っているだけで世間では

通用しません。「トーソーのシルエット」というような言い方を

した方が通じると思います。

それに伴い、今までトーソーのビジック、ビジックデコラ、タチカワのデュオレ、

ニチベイの調光ロールスクリーンを当店では調光型ロールスクリーンと

呼んでいましたが、今後はこちらは

総称して昇降式調光型ロールスクリーンといいます。

店内展示サンプルです。

こちらは部材は韓国産ですが組み立ては国内で、メーカー保証が

3年ついています。当店ではさらに2年延長して5年保証です。

とてもリーズナブルです。

巾180㎝×高さ180㎝で 非防炎ならば定価61400円

             トーソー「ラクーシュ」定価83800円

               (トーソーは防炎&F☆☆☆☆)

             ハンターダグラス非防炎A1で定価84400円

前と後ろのレースが違います

これによってモアレになりません。

光が屈折して柔らかくなります。

締まりがいいです。

 

 

ボトムバーのひとつのところに生地がきています。

生地の取替ができます。

開いた状態で昇降ができます。

当店では、開閉式調光型ロールスクリーンはハンターダグラスの

シルエット・シェードがメインですが、予算の厳しい方には

この商品をお勧めします。

見せます、インテリアの底力を。

      魅せます、インテリアの楽しさを!

 

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

 

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.