カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

決め手はInstagram(インスタグラム)

インスタグラム(Instagram)は無料の写真共有アプリケーションで、

撮った写真をそのアプリに投稿すると全世界の人がみることができるのです。

日本では、略して大概の人は「インスタ」と言っており、一昨年の流行語大賞で

「インスタ映え」という言葉が大賞を受賞しましたのでスマホを持っていない人でも

ご存じだと思います。

今や検索機能としてもよく利用されていて、若い人はFacebookではなく

Instagramを使っている人が多いのです。

 

そんな折、ブログサービスのyahoo!ブログが2019年12月15日を持って

サービスの提供を中止すると発表しました。

ヤフーでブログを書いている人はそれまでにどこかのブログ自分で

移行しなければならず、そうしないと12月16日以降はみることもできなく

なるのです。

こういうニュースをみるとブログを書く人も少なくなり人気がなくなって

きたのかなと思います。

私は情報収集は、ホームページやブログでする派ですが、若い人はほとんど

インスタグラムでされます。

 

時代のスピードについていけてないのですが、店としても個人としても

インスタで情報発信はしています。

このインテリア業界にどっぷりつかっていると、自分自身まだススンデいるように

思えますが、世間からみると遅れている方だと思います。

TikTokはやっていますけどね!!

 

先日ご来店いただき施工させていたお客様は当店のインスタをみて

来たとおっしゃいました。

たくさんの施工写真が載っていたのでここならば安心かなと思ったということです。

/instagram_01 .

 

上のバナーをクリックすると当店のインスタグラムがみることができます。

 

なるほど~

 

そのお客様の施工例です。

タワーマンションのコーナーのリビングにロールスクリーンを取付けました。

 

【下の画像】コーナーのところはどちらか一方を長めにつくりますが

どうしてもかなり隙間があきます。

【下の画像】ロールスクリーンの蓮窓の場合も上部の本体をくっつけても

生地と生地の隙間は4㎝弱あきます。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

 

 

 

 

遮熱性が高く透け感のあるロールスクリーン~シルバースクリーン

先日、献血をしました。

ちょうど池江璃花子選手が白血病を公表したあとすぐだったので、

普段とちがって献血ルームがけっこう混んでいました。

ドナー登録に関して、ほとんど知識がなかったのでいろいろと教えてもらい

勉強になりました。

私は最低体重はクリアしているのですが、年齢制限に引っ掛かり

ドナー登録はできませんでした。

今回が記録を取り始めてから36回目の献血ですが、初めて献血をすると

ポイントがつくと言われました。

地域によっては今までも献血ポイントがあったようですが、大阪では

初めてです。

400mlの献血で10ポイントで20ポイントで粗品がもらえるらしいのです。

なんか今はなんでもかんでもポイント還元になってきました。

 

10月から消費税増税に伴い、キャッシュレス決済に関しては、政府から

5%のポイントバックがあります。

そうなれば、消費傾向も少し変わるのではないかと思っています。

今は、カード会社やスマホ決済会社がそれに向けてのシェアの取り合いをしており、

我々小売店もその対策を考えています。

 

その話は明日にでも書きます。

 

さて、本題です。

大阪市内中心部はタワーマンションが多くて、この時期は引き渡し・入居が

多く当店も忙しくしております。

グランドメゾン新梅田タワー、ローレルタワー心斎橋、ブランズ北堀江プレイス

ザ・ファインタワー梅田豊崎、クレヴィアタワー大阪本町、

シティータワー東梅田パークフロント、北浜ミッドタワー

既に納品させていただいたり、内覧会に同行させていただいたりしています。

 

タワーマンションのコーナーの窓のリビングでおススメなのが

ニチベイのロールスクリーン「シルバースクリーン」です。

今までも何度もブログで書いていますが、遮熱効果が高くて透け感があって

閉めていても外が見えるのです。

過去のブログはこちらです。

私のブログで過去の投稿を調べたいときは、パソコンでご覧いただいている方は

右上の検索のところにワードを入れていただければ、それに関連する

ブログが読めます。

 

太陽がギンギラギンに照っていてもシルバースクリーンを降ろすとまぶしくは

ないです。

メカ色はライトグレーにしています。

ロールスクリーンの問題テンはコーナーところが隙間が大きくあきますし、

メカとメカの間も生地に隙間ができます。

 

 

このシルバースクリーンは遮熱効果が高くて外が見えるというのが

大きな特徴です。

 

普通のロールスクリーンならば閉めると外がみえません。(下の画像)

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

コーナー窓の納め方② ~ロールスクリーン~

昨日は、コーナー窓にバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)の納め方

ついて書きました。

これが正しいやり方だとか、これが正解というのはなくて、こういったものは

施工店のセンスと判断によるものです。

当店でも、すべて同じやり方をしているわけではなく、現場によっていろんな対応を

しています。

こういうやり方もあるんだなぁと思って参考にしていただければありがたいです。

今日はロールスクリーンのコーナー窓の納め方についてです。

 1)一般的なやり方

一般的にコーナー窓は、どちらかを長くして、もう一方を短くします。

ロールスクリーンは通常は巻き上げ径の後ろ側から生地が降りてきますので、

ロールスクリーンの角同士の突き付けより、どちらか一方を長くした方が

隙間が少なくなります。

DSC03248-490x368

DSC03246

そうすると、コーナーの生地と生地の隙間が7~8㎝ぐらいあきます。

これは、ロールスクリーンの特性なので、事前によく説明をして納めてきました。

 

2)どちらか一方のロールスクリーンの生地を前から降ろす

ロールスクリーンは一般的には後ろ側から生地が降りるのですが、前から

降ろすようにすることもよくやります。

国内主要メーカー3社の呼び方は違いますが、当店では「逆回転仕様」と言っています。

コーナーの場合は、どちらか一方だけ前から生地を降ろすやり方をする場合も

あります。

0218_4

0218_5_R

 

0218_6

上の画像はコーナーで右側のロールスクリーンは前から生地が降りるように

して、左側は後ろから降りるようにしています。

こうすることによって、隙間が両方後ろから降りるよりコーナーの隙間は

小さくなります。

なぜ、両方とも前から降りるようにしないで、左側だけ後ろから降りるように

したかというと見た目の問題です。

ドアから部屋に入ったときの目線を考慮しています。

0218_9_Rドアから見た時が上の画像です。

生地が前から降りていると、壁から生地が離れているので見た目的に

どうかなと思ったのです。

こちらに関しては、カーテン夢工房のスタッフブログをお読みください。

 

 3)両方のロールスクリーンの生地を前から降ろす

コーナーの窓にロールスクリーンを取り付ける時に両方とも生地を前から

降ろすやり方もあります。

DSC04127

DSC04123

DSC04125

このやり方が、コーナーの隙間が一番小さくなります。

その分は生地の垂れる位置が壁よりかなり前に来ます。

この現場は吹抜けでちょうどよかったのですが、取り付けるところによっては

見た目が重要になってきますので、これが正解というのもなく、現場に応じて

対応していかなけばなりません。

当店は現場主義

エンドユーザーファースト

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  

役に立った場合は右のバナーをクリックしてください。

 ブログランキングの順位が励みになります。

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

吹抜けに電動ロールスクリーン12台取付

吹抜けに電動ロールスクリーン

吹抜けに電動ロールスクリーンを12台取り付けました。

大きなリビングの吹き抜けで普通のカメラでは全部を撮ることができなかったので、

スマホにネットで買った広角レンズ(1500円)を付けて撮りました。

 

DSC05065

使用したのは、ニチベイのサイレント電動式で8チャンネルリモコンを使って

2台ずつ動かすのに6チャンネル使い、上の6台を動かすのに1チャンネル、下の

6台を動かすのに1チャンネル、そしてオールの設定をしました。

DSC05066

今までは3台以上動かすときはナスノスのリモコンを使っていましたが、

ニチベイが8チャンネルリモコンを出したので使いやすくなりました。

生地は上の6台が遮熱タイプのN7165で下が普通の生地のN7071です。

 

実測に行ったときは、もうすでに壁紙が貼られていて、天井に6か所

電線が出ていました。

そのためコンセントの位置も動かすことができない状態でした。

上の窓は2窓だけ前倒しに開けることができるため、枠内にも取付ができず、

ロールを天井につけるとコンセントの位置と干渉するような状況でした。

コンセントを見えないようにかぶせるように取り付けることも考えたのですが、

そうするとロールスクリーンが部屋側に出すぎるのです。

2017-01-15 11.42.32

天井高が5m50㎝あり、上下で2分割しなければならないのですが、中間の位置には

電源がないのです。

下の部分には2か所ドアがあり、アームがでているのです。

2017-01-15 11.44.14 2017-01-23 12.14.56

これらの問題をクリアするために施工店として工夫したことは

1)電源のコンセントカバーをスリムタイプに変えて目立たないように白に塗りました。

DSC04897

2)中間に取り付ける6台はサッシに取り付けなければならないし、

ドアのアームに干渉しないようにしなければならないし、白色のメカを

付けると目立つので、逆回転仕様にしてカバーをつけました。

DSC05043

DSC05068

DSC05045

カバーはニチベイの傾斜天窓タイプのロールスクリーンのフレームを活用し、

トーソーの取付補助金具のプレートBにつけて手作りカバーを作りました。

本来は白ですが、FUGAの仕入先のWISさんで塗装してもらいました。

DSC04732

黒のサッシと一体感があり、全く違和感がなく最初からこのように出来上がって

いたように取り付けられました。

3)中間に取り付けるロールスクリーンの電源をどうするかという問題で、

真上のロールスクリーンとジョイントして、ジョイントコードをサッシに

這わせました。

これを目立たさないように黒のモールをネットでみつけ、ガラス側に貼り付け、

サッシをまたぐところは露出にしてコードを黒に塗って目立たないようにしました。

DSC05041 DSC04898

今回もメーカーに相談することなく、すべて自社スタッフでやりました。

メーカーのニチベイに聞いたのはカタログにオプション価格で電源ジョイントコード(C)

が商品巾2.7m用としか書かれていないので、これが実際は何mなのかということ

だけです。

これは大きな問題点で上のロールと下のロールの間が2m50㎝あり、電源ジョイント

コードが届くかどうかが問題だったのです。

足場も自社で組み立てました。

IMG_6672_R

こういうのも足場屋さんに頼んで現場で組み立ててもらうと最低5万円ぐらいは

かかりますが、当店は自社スタッフでやりますので価格は3分の1以下です。

DSC05044

DSC05046

DSC05049

 

お客様は最初は上の6台だけ電動にして、下は手動にしようと思っておられましたが、

全部電動にしてほんとによかったとおっしゃっていました。

これからは高齢化社会になっていく中で、インテリアの電動商品ももっと普及して

きます。

設計段階で、まずは窓の近くに電源コンセントを作っておくことが重要で、

早めに経験豊富なインテリア専門店に相談されることをおススメします。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

川島織物セルコンの生地でロールスクリーン

カーテン生地でロールスクリーンを作ることができるのはご存じですか?

ポリエステル100%の生地ならばプリエフ加工で、

綿100%の生地ならばスティフナー加工(樹脂加工)でできます。

※今まで、私のブログではステフナー加工と書いていたため、検索で

スティフナー加工」としても出てこないですが、「ステフナー加工」とすれば

でてきます。

今回取り付けたのは、昨日書いた現場と同じなのですが、川島織物セルコンの生地で

プリエフ加工でロールスクリーンを作りました。

161019-160348_r

生地はFT0356です。

dsc03380

dsc03379 dsc03344

2台付けていまして、右上の写真は別の窓で同じ生地でつくっています。

生地の裏側に当社のオリジナルマークを取り付けています。

dsc03381

内開きの窓があって、そこに埋め込みのブラインドボックス(カーテンボックス)が

あります。

その深さが8㎝のため、プレーンシェードにした時はあげたときのたまりが15㎝ぐらいあり、

窓の扉と干渉するのです。

カーテン生地でロールスクリーンをつくると、たくさんの生地から

柄を選べて意外とすっきりします。

プリエフ加工では、大きなサイズでも巾継ぎをしてつくることができますが、

スティフナー加工では、生地巾以上のものは出来ません。

マリメッコの綿の生地では、よくスティフナー加工でロールスクリーンをつくっています。

施工例ブログはこちらです。

 

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

ロールスクリーンのコーナー窓の納まり

30回目の献血をしまして、日本赤十字社から記念に盃をいただきました。

30回目の献血

30回するのに29年かかりました。

健康でないと献血もできませんので、この盃で健康であることを祝って一杯やりたいです。

これが私ができる唯一の社会貢献かもしれません。

 

さて、本題です。

 

タワーマンションのコーナー窓にニチベイの遮光1級のロールスクリーンを取りけました。

手前には、ドレープとレースがついているのですが、それだけでは

暑さ対策になっていなくて、さらにロールを一番窓側に取り付けました。

dsc03250

dsc03243

ロールスクリーンの場合は、こうしたコーナーにとりつけるとかなり隙間が

開きますよということをエンドユーザーに伝えたくてこのブログを書いています。

dsc03248

取り付け方としては、どちらか一方をサイドの壁ぎりぎりまで大きく作ります。

そのことを業界用語で「勝ち」といいます。

もう一夫を側面のロールスクリーンの巻き上げた径にすれすれになるように

くっつけて取り付けます。

その様に取り付けたのがこの施工例です。

dsc03246

計算的に言うとロールの径が、この商品で高さ210㎝の場合、58㎜になり、

メカと生地の隙間は操作側でない方で、13㎜開きます。

スクリーンを降ろすと生地は少し前に出てきますが、真横から見ると

7㎝近く開く計算になります。

「ロールスクリーンはこんなもんなんです」ということを事前にお客様によく説明を

しています。

より隙間を小さくするには、コーナー窓で逆巻き回転仕様(生地が前から垂れるやり方)

というのもできるのですが、これは未だやったことがないのです。

 

されたことのある同業者の方がおられたら問題点はないか教えてください。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

キッズデザイン賞受賞のニチベイスマートコード式ロールスクリーン

ニチベイのロールスクリーンで新しい操作方法のスマートコード式を施工しました。

DSC02688 DSC02684

シューズクロークのところに間仕切りとして後ろ側から壁に正面付けしています。

DSC02681

DSC02682

この商品はキッズデザイン賞を受賞しています。

キッズデザイン賞とは、特定非営利活動法人(内閣府認証NPO)キッズデザイン協議会が

主催しており、子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」

「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを

選び、広く社会へ伝えることを目的としています。

 

このニチベイのスマートコード式は、小さなお子様のおられるお家にはおススメです。

また、プルコード式のように、ボトムバーをもって操作することもできます。(下のポイント4

チェーン式はコードが垂れるのがイヤだけど、プルコード式ならば

背が届かないというような時にもいいです。

 

キッズデザイン賞

スマートコード式2_R

スマートコード式3_R

スマートコード式4_Rスマートコード式5_R

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 1212345...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.