カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

インテリアで出来る暑さ対策(8)~遮光カーテンにする~

ブログはSEOツール(検索でヒットしやすくする)として役に立つのです。

とりあえずは仕事と関係のあることをたくさん書く事によって、その言葉で

検索に引っ掛かって、ブログ、ホームページを見ていただき来店につながって

います。

 

私の場合、天窓、吹抜けや電動商品のブログが多いので、それらを

求めておられる方やメカ物を求めておられる方が多くなってきています。

 

カーテンも普通にやっているのですが、普通のカーテンを取り付ける時は

私が吊り込みにいかないことが多いのです。

施工担当者に写真を撮ってくるように依頼するのですが、どうもきれいな

写真ではないのです。

私どもがカーテンを吊り込み時は、家具も何もない時が多いので、

カーテンの施工写真ってけっこう難しいのです。

だから、このブログではあまりカーテンの施工写真がないのですが、

私たちはカーテン屋です。

 

カーテンにもこだわっていますので、カーテンのお客様もよろしくお願いします。

 

 

大阪市内中心部は、タワーマンションが多くて、西向きのコーナーの窓が

あるおうちは暑くてたまらないようなのです。

それで1年前に入居時にマンションオプション業者からふつうのカーテンを

購入されたのですが、暑くてたまらないので遮光カーテンに取り替えたいという

ことでした。

 

リビングには小さな窓が一つしかなく風通しが悪く、カーテンを閉めて

行っても、夕方6時ごろに帰宅するとサウナ状態とのことです。

 

完全遮光のカーテンに取り替えたのですが、カーテンボックスについている

レールがC型レールで高さ253㎝のところにあって滑りが悪く

ストレスになるからということでレールも一緒に取り替えました。

 

南西のコーナーです。

ついているレールは

C型というレールでもっともリーズナブルなのです。

このレール自体、滑りのいいものではないのですが、縫製とも絡んできて、

ちょっと工夫すればかなりよくなることもあります。

マンション販売のオプションで購入さてているので、施工側もそこまで

気を遣っていないのですが、カーテンのフックはAで、通常はひっかける

ところから生地の上までを1㎝(カン上1㎝という)のところ、

0.5㎝に設定すればいいのです。

最初のカーテン

C型レールの直付けで、レールも薄いのですが、ランナー(駒)も

短いため、生地の上がレールと干渉して少し負荷がかかり滑りが

よくないのです。

 

そこで新しく作ったのは、レールもセルフィというカーブレール専用のものに

交換し、フックをカン上0.5㎝にしました。

こうすることによってストレスフリーになります。

 

生地はフロッキー加工の遮光1級のものにしました。

 

 

遮光度がアップし、レールの滑りもよくなりお客様はたいへん喜んでいただきました。

 

これで、夏用のカーテンと冬用のカーテンができました。

 

カーテンは季節によって取り替えましょう。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

 

インテリアで出来る暑さ対策(5)~サンルームにカーテン~

昨日、サンルームに天幕カーテンを取り付けた話を書きましたので

ついでにリビングサンルームに8年前に当社で取り付けたレースで

レールとランナーとカーテンのフックが紫外線で劣化して、

その部分だけ取り替えた施工例です。

(上の2枚の写真)レールはこのように8年前に当店で取り付けています。

マンションのオーナーで11階にある自宅のリビングの東窓が

前面ガラスになっています。

東向きで朝だけが直射日光が入ってくるので光を柔らかくするために

レースを取り付けました。

日中が暗いのが嫌いという事でほとんど開けておられます。

 

天側もガラスになっている変形窓で、相談を受けた時はどのように

カーテンをつけるかを悩んだのですが、レールを2本取付て左右に

開閉できるようにしています。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

 

インテリアで出来る暑さ対策(4)~サンルームに天幕シェード~

近畿地方は梅雨明けして暑くなってきました。

昨年がひじょうに暑かったからか、今年の6月、7月は天窓や吹き抜けの

工事の依頼がひじょうに多かったです。

 

今回はサンルームに天幕を取り付けた施工事例です。

 

こんなサンルームです。

 

 

築何年も経っているのですが、昨年の暑さで耐えられなくなり、建築された

工務店様に相談され、工務店様が当店をネットの施工事例からみつけて

いただき相談を受けました。

 

こういうのはメーカーの既製商品はなく、現場をみながら考えてつくっていきます。

 

数もこなしていますので経験値も高く、それほど難しいものでもありません。

用意するものは、トーソーのカーテンレール・ネクスティ、キャップ

ランナー、片マグネットランナー、カーテンストッパー、プルーレ

バランスレールとニチベイのロールスクリーンのボトムセット、

それにSカンぐらいで、シャープシェードを作ってレールのランナーに

引っ掛けるだけです。

 

 

生地はサンゲツの遮光2級のものです。

 

今回工夫したのは操作棒です。

 

以前、トーソーに天窓用のプリーツスクリーンという商品があり、

それ専用の伸縮操作棒がありました。1本4000円ぐらいでした。

その商品が廃番になってしまったので、残りの10本ほど全部買い取ったのですが、

その在庫も使い切ってしまい、ここ3年ほどそれに代わる商品を見つけるのに

苦労していました。

 

ネットでいいのをみつけて使ったら次は廃番になってなくなっていたりして

いました。

 

継続的に同じいいものを購入することができませんでした。

 

同業者に聞いたら

「そんなの  ホームセンターのトーソーコーナーにいったらいっぱい

売っていますよ」というのです。

 

 

えっ?

 

 

トーソーコーナー

 

 

よく聞くと、トーソーコーナーではなく塗装コーナーで

ペンキ屋さんが高所にペンキを塗るための伸縮補助棒が代用できて

いろんなサイズの伸縮棒がいっぱい売っているのです。

 

それがこれです。

いろんなサイズのものがあって長さ3Mまで伸ばすことが出来て

リーズナブルで丈夫で安定感があります。

 

これをうまく活用すれば、吹抜けの高窓にもコードレスのロールスクリーンや

プリーツスクリーンを取り付けて、この伸縮棒で操作ができるのです。

 

どやぁ

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

 

暑さ対策商品(9) はれるや

大阪府の自転車条例が2016年7月1日から施行されました。

その結果、自転車に乗る人は自転車保険の加入が義務化されました。

これは、昨年から兵庫県が施行しており、全国で2番目で10月からは滋賀県も

施行されます。

これが全国的に広がっていくのかどうかわかりませんが、昨年大阪では

自転車による死亡事故が50件あり、賠償責任問題も起こっています。

条例で義務化はされましたが、罰則規定はありません。

もちろん、大阪府民で今、自転車を持っている人は自転車保険に入らなければなりませんが、

これから新規で購入時には、保険に入ることをかなり勧められると思います。

私はもちろん、家族全員はいっています。

私は保険屋じゃないですが、お得な情報を書いておきます。

自転車保険に個別にはいると割高になりますので、【死亡時の保障額によって大きく違いますが、

月500円ぐらいからあります。】家族の傷害保険で、個人賠償のついているのに

はいればお得だと思います。

また、クレジットカードで、会費が少し高くつきますが、個人賠償の

ついている保険が付帯しているのに入れば自転車保険に入る必要もありません。

 

さて、本題です。

 

窓の貼れるカーテン「はれるや」についてです。

この「はれるや」という名称も当店がつけたもので、他店で言っても通じません。

施工例です。

はれるや1 はれるや2

はれるや3

はれるや4

ポリエステル100%の生地ならば、このように窓に貼ることができまして、

簡単に取り外すこともできます。

遮熱性のあるレース生地を加工して窓に貼ると遮熱効果があります。

 

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

暑さ対策商品(8) 裏地をつける

今年も半分が過ぎました。
前半を振り返ってみますと、流行語大賞の候補となりそうなのは、

アモーレ、せこい、第三者、超変革、ゲス不倫からファンキー不倫

 

私は毎年12月12日(いちじいちじ)に発表される「今年の漢字」の

方が気になっています。

先月29日に京都の八坂神社のすぐ近くにオープンしました

「漢字ミュージアム」に関係者として招待されて6月上旬に行ってきました。

160605-131459_R

160605-131515_R 160605-131439_R

ここは公益財団法人日本漢字能力検定協会がつくったものです。

日本人として、あまりにも知らないことが多すぎることにショックを

受けましたが、ひじょうに勉強になりました。

デジタルプリントされた漢字だらけの壁紙も貼ってあり、すごく

いい感じでした。

 

さて、本題です。

 

当店では、ずっとカーテンに裏地をつけましょうということを提案しています。

裏地をつけることによって、断熱効果が高くなり、生地を長持ちさせ、

ウエーブもきれいにでます。

金額が少し高くなりますが、メリットは大きいのです。

ヨーロッパではカーテンに裏地をつけるのはごく普通のことです。

ニトリでも、カーテンに裏地をつけることを盛んに勧めています。

店内の展示サンプルは、巾70〜80㎝のもので、実際吊るのと同じように

縫製してあるのですが、裏側は半分だけ裏地付きで、半分は裏地なしに

なっているんです。

そして、表側にキャッチコピーで、矢印がしてあり裏地付きとそうでない

ものがわかるようになっているのです。

サンプル自体がうまく考えてつくられていることに感心しましたし、

これならば裏地付きがよく売れるようになるだろうと思いました。

そして、あまり大きな声ではいいたくないのですが、裏地付きのプラス価格が

意外と安いのです。

このニトリが、

売り上げもお値段も「異常」好調ニトリが桁違いの利益率を上げるワケ

というのが今朝のニュースになっていました。

増収増益で営業利益率が19,9%だって。

 

ニトリを意識して、ニトリと競争しようなんて思った専門店は絶対に

つぶれますね。

当店としては、ニトリができないきめ細かいサービスと提案力で満足を

提供していきたいと思っています。

 

今回のテーマは暑さ対策なので、後から付ける裏地について説明していきたいと

思います。

1)レース用の裏地

レースにも着脱可能なレース用の遮熱裏地があるのです。

「シャネットうらだ」

シャネットうらだ

レースに夏場だけ遮熱用のフラット裏地をとりつることができます。

着脱が簡単で、冬場はこの裏地をドレープ(厚手カーテン)に取り付けます。

そうすると、冬の断熱効果が高くなるのです。

一石二鳥のすぐれものです。

2)シェード用の後から取り付ける裏地

これだ

タワーマンションのコーナー窓で、プレーンシェードを取り付けておられる

お客様がおられ、シェードを閉めていても西日がきつくて暑いと

言っておられました。

そこで、後から遮光裏地をとりつけることができることを提案したら

「これだ」と言われたので、「これだ」としました。

他のインテリアショップで、「これだ」はありますかというと

「どれだ?」といわれますよ。他店では通じません。

後から付けるシェード裏地

上の写真の一番右のシェードは、まだ「これだ」をつけていない状態です。

 

3)後から取り付けることができる遮光フラット裏地

うらだ

うらだ

上の写真は右半分が「うらだ」をとりつけたところです。

うらだ3

 

 

 

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

暑さ対策商品(7) 遮熱レース

  大阪以外に出かける時に、お土産に何を持っていくか、けっこう悩むのです。

東京の人は、みやげでは「東京ばな奈」が人気とかで、それを持っていけば

間違いがないのかなと思いますし、名古屋は坂角総本舗の「ゆかり」でしょうか?

大阪土産で一番人気なのは、「551蓬莱 の豚まん」のようなのですが、

個人宛ならいいのでしょうけど、会社宛に持っていくのにはちょっと

考えるのです。

私は、最近は江崎グリコのプレミアムポッキーの「バトンドール」を

持っていくことが多くなりました。

160627-162740_R

160627-162726_R 160627-162721_R

 この間までは、関西で3店舗しか販売されていなかったのですが、

4月に博多にオープンしました。

関東や名古屋には販売されていない商品で、東京や名古屋に行くときの

手土産にしてまして、「これ、関西にしか売っていないですよ。

阪急百貨店梅田店で並ばんと買えないんですよ。」と

能書きを述べながら、お渡しをするんです。

そうするとありがたくいただいてもらえるのです。(笑)

 

さて、本題です。

暑さ対策商品で遮熱レースについてです。

遮熱レースに関しては何回もブログに書いてきました。

ほんとうに効果があるのかという問題に関しましては、私は室内の

温度が普通のレースをつけているのと比較して1℃ぐらいの差がでるぐらいの

効果はあると思っています。

たった1℃ですが、この1℃は大きくて、夏の夜中の寝室の冷房温度を

何度にするか夫婦間で揉めて、1℃の差で寝室が別になり、やがて離婚に

繋がっていく可能性もあるぐらいなんです。

 

電気代の金額にして、6月から9月までの4か月で、普通のレースを

つけているのと比較して、月に110円ぐらい節約できるレベルです。

 

遮熱レースは5年前の東日本大震災のあとに、大ブームになり、

なんでもかんでも「遮熱」とすれば売れるみたいなところもありました。

その基準もなかったので、各社が好き勝手なデータを並べていまして、

何もつけない時と比べて6℃ぐらい温度差がでるような宣伝も平気で

されていました。

小さな箱での実験では、そのようになったかもしれないのですが、現実的で

ないことをアピールしたり、これが遮熱というような商品まで遮熱と

うたわれていました。

インテリア業界の団体である日本インテリアファブリックス協会も

これでは消費者の信頼を得られないということで、1年半かけて遮熱基準を

つくったのですが、その基準が甘くてほとんど活用されていないのが

現実です。

その中で、今はあまり変なのは淘汰されて、ファブリックメーカーが

「遮熱」と言っているのはそこその商品になってきました。

遮熱レース

 

問題点は、冬場は逆効果になりまして遮熱レースを閉めていると

あたたかい日差しが入ってこないのです。

 

当店では、夏用、冬用とレースは2組作って取り替えましょうということを

提案しています。

日本では、昔エアコンがなかった頃は、襖や障子を夏用冬用と

取り替える習慣がありました。

6月29日の日本経済新聞の夕刊の「住まいナビ」にも取り上げていました。

家も衣替え 簾戸で涼

画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大して読めるようになります。

(余談ですが、記事には6月26日のブログにも書きました

木製ブラインドも涼をとるにはいいと書かれています。)

 夏は襖を簾戸(すど)【関西では葦戸(よしど)ともいいます】に取りかえて

涼をとりましょうということです。

私も、小学5年生まで家にエアコンがなかったので、毎年この時期に

襖の交換を手伝わされて取り替えていました。

DSC01889

日本には、昔からこういういい習慣があるのです。

レースカーテンもぜひ、夏と冬に取り替えましょう。

 

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

暑さ対策商品(6) 木製ブラインド

カーテン夢工房のフェイスブックページもありますが、私個人も

フェイスブックページをしています。こちらの方が古くからやっています。

 個人の方は毎年、誕生日にプロフィール写真を変更するというのを

恒例にしていまして、今年も変えました。

59才オレンジのちゃんちゃんこ_n_R今年は59才(数え年の60才)で来年は数え年で61才の還暦になります。

還暦には赤いちゃんちゃんこを着てお祝いをするので、59才はひとつ手前なので

オレンジのちゃんちゃんこを作ってみました。

 

 

単なる画像処理をしただけですけどね。

 

赤のちゃんちゃんこをネットで買って、LINE Cameraを使うと簡単に

できるのです。

LINE Cameraは無料のアプリで、画像に文字を書き込んだりすることが

できますので、実測時のメモとしても使えますし、シャッター音が

しませんのでいろんな使い方ができます。

 

還暦は60年で干支(えと)が一回りして元に戻るから還暦といいます。

生まれた年と同じ干支になるので、生まれた年にプラス60の年の1月1日から

12月31日までが還暦で、お祝いは誕生日にするのが一般的です。

干支というのは「支」は十二支のことで12種類あり、「干」は「十干」のことで

10種類あります。

十干の10と十二支の12の最小公倍数である60年で干支がひとまわりします。

来年の2017年(平成29年)は、十干は丁(ひのと)であり、十二支は

酉(とり)ですので、干支は丙酉(ひのととり)となります。

1957年(昭和32年)と同じです。

 

さて、さて本題です。

 

暑さ対策商品の紹介です。

(1)の時にもふれましたが、木製ブラインドはデータ的には遮熱

は低く、冬も断熱効果の高い商品ではないとなっています。

しかし、私は意外に暑さ対策におススメしています。

材質が木なので、熱伝導率がひじょうに低いのと、データは窓を

閉めた状態での実験ですが、実際は昼間は窓を開けて風を通すことも

多く、その場合、木製ブラインドは風を取り込みことができ、直射

日光を遮ることができるのです。

今まで書いてきたシルバースクリーン(ロールスクリーン)、ハニカム

スクリーンは閉めると、窓を開けても風を室内に通すことができないのです。

 

マンションの木製ブラインド2

マンションの木製ブラインド

穴のない木製ブラインド

直射日光の強いところでは穴のない木製ブラインドがおススメです。

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

1 / 3123

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.