カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

今ついているカーテンで簡単にできる暑さ対策(遮熱)

東京に出張したときの話です。

東京では、エスカレーターは左側に立ち、右側は急ぎで歩く人のためにあけてあります。

大阪は逆で、右側に立ち左側はあけています。

これは、東京は武士文化で、大阪は商人文化のためです。詳しくはこちら

これが以前よりさらに徹底されていて、私は大阪人なので習慣的に右に立ってしまい

凄く戸惑うのです。

今回、新たに気付いたことは、大阪の人はエスカレーターの左側を歩く人が

多いですが、東京は右側を歩く人が少ないのです。

大阪人はイラチなんでしょう。

それと、右側に立つのは大阪だけになってきていまして、京都は完全に

東京化していまして、左側に立ってます。

神戸は左側に立つ傾向があります。

日本では、大阪が孤立してきていますが、世界的に見れば、ほとんどの国が

エスカレーターでは右側に立っています。

東京も2020年のオリンピック開催までに右側に立つようにしないと

世界から取り残されますよ。

 

さて、本題です。

この季節になると夏場の暑さ対策を簡単に安くできる方法はないかという問い合わせが

多いのです。

今、普通のカーテンがついてるのならば、後から取り付けることができる

フラット裏地{うらだ」がおススメです。

ホームページはこちらです。

先日の日曜日は2件、私が取り付けに行ってきました。

1つは

西日対策で夕方がひじょうに暑いとのことで、遮光裏地を既存のドレープ(厚手カーテン・

他社購入分)に取り付けました。

当初は後日ブログアップしますが、窓ガラスに貼る「はれるや」をご検討いただいたのですが、

昼間はおられないことが多くて、夕方帰ってくると室内がムッとして暑いと

おっしゃいました。

そしたら、昼間閉めておくのならば遮光裏地がいいのでおススメしました。

DSC01422

上は取り付ける前の写真

DSC01425 DSC01427

上は右片方のみ取り付け

DSC01428

両方取り付け。

西日が直接入ってこなくなっただけでもかなり違います。

DSC01431 DSC01430

 

 

 

もう1件は東側の朝日がまぶしいということで、あまり暗くならないように

普通の生地を裏地として取り付けました。(アスワンE2113)

DSC01401

上は取り付ける前

DSC01404 DSC01406

上は左側のみ取り付けた状態

DSC01407 DSC01409

上は両方取り付け

普通の生地でやるとそんなに暗くはなりません。

朝日のまぶしさは無くなります。

DSC01403

当店のやり方はフックの上から取り付けますので、縫込みアジャスターフックでも

出来ます。

簡単に着脱できるのですが、冬場はカーテンが二重になり、そこに空気層ができて

断熱効果が生まれます。

裏側がフラットで、開けた時にゴアゴアするのではとお客様は最初気にされてましたが、

取り付けた後の感想としては「大丈夫」ということでした。

冬場もそのままにされるのがいいと思います。

 

 

 

今日のブログは良かったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

チラシ 夏の暑さ対策

 今年初めての鱧を食べました。

日本橋・黒門市場の魚屋で韓国産の鱧を買って、当店28階のスカイラウンジで
インテリア業界のVIPと情報交換会。

このメンバーを公にするときっと波紋を呼びそう。

ハモは絶対に韓国産が美味しくて、いつも黒門市場で買って鱧なべをします。

魚屋のおばちゃんから、電話で鱧を注文をしたとき「予算はどのぐらい?」と
聞かれたから、

「お金より美味いやつを頼むわ」というたら、

おばちゃんは
大将は鱧の筆頭株主やから任せといて」といわれる。

いつも「いいね!(言い値)」で買っているんだけど、安い買い物をしてんのやろか?

 

 

さて、本題です。

吊り替え需要を喚起するのは今でしょと言わんばかりにチラシを作ってます。

夏の暑さ対策で、今ついているレース、ドレープ、シェードに後から取り付けられる

商品の特集です。

「暑さ対策」と書くべきところを初稿で「遮熱対策」となっていて、

これはおかしいだろと思って、調べるのにシャープの電子辞書の「広辞苑」で

「遮熱」と入れても出てこないのです。

私の電子辞書はそれが出始めた頃に買ったもので、20年近く使ってます。

当時は「遮熱」という言葉はなかったのでしょうか?

 

当店では、遮熱レースは冬場は逆効果になりますので、

着脱できるものや、レースは夏冬取り替えることを勧めています。

 

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

インテリア商品で節電を考える①    ブラインド(1)

今日4月11日は東日本大震災からちょうど1ヶ月になります。お亡くなりになられた方には心よりご冥福をお祈り致しますとともに、被災された方にはお見舞い申し上げます。

私共も、自分たちの出来る範囲で復興に役立つことをやっていきたいと考えています。

本日もハギレの売上金21012円を日本赤十字社を通じて被災地に寄付させていただきました。私どもはあまり大きな事はできませんが、お客さまがお買い上げ頂いたハギレの代金は全額寄付させていただいており、これが5回目です。細く長く続けていきたいと思っています。

このブログをみて、アスワンが廃番の吊りサンプルを無償で提供してくれまして、それも1本100円で販売させていただいており、全額寄付させていただいています。

   

 

 さて、本題です。

2011年4月9日のブログにも書きましたが、政府は夏の電力不足に対応するために、一般家庭においても15~20%の節電を求めてきており、これを国民運動としようとしています。

政府は、強制力のない提案を実行してもらうため、メディアや学校、職場などあらゆるルートを通じた広報活動を展開する方針とのことです。でも、多分インテリア業界には協力要請は来ないんじゃないかと思っていまして、私どものレベルでエンドユーザーに提案していきたいと思っています。

すでに日本でも有力な静岡のオーダーカーテンの専門店は、チラシをつくり、ホームページをつくってエンドユーザーに提案されていました。

遅ればせながらも、当店でもブログで情報発信をやり、来週月曜日には有力メーカーに来て頂いて、「インテリア商品でできる節電について」の合同勉強会をやり、同時にユーザー向けにチラシも作っていきます。

 まず、インテリア商品でできる節電を考えてみましょう。

まず、窓にカーテンをつけるから始まるのですが、さらに遮光裏地をつける、遮熱レースをつける、遮熱ブラインドをつける、遮熱ロールスクリーンをつける、ハンターダグラスのデュエットシェードをつける、木製ブラインドをつける、後から取り付けられるシャネットうらだ2をつける、さらにオ―ニングをつける、内窓をつける、複層ガラスにする、ガラスフィルムを貼る 等が今思いつくことです。

さらに、提案的にいうならば、外に出かける時はカーテンを閉めていくと帰宅した時の部屋の温度が少しはマシとかいろんなことが考えられます。

これをひとつひとつ、これからブログで検証していきます。

これらのことをやることによって、冷暖房機の使用を少しは軽減できると思います。単体で考えないで複合的にやれば効果は少しはアップすると思います。

メーカーのホームページや同業者のホームページをみると、これらの商品はすごく省エネ効果があるように書かれています。

例えば、タチカワの遮熱ブラインド。

            -3.7度

ということが強調されていますが、これはブラインドの温度でしかも最も違いがわかる濃い色のグレーでの比較です。室内の温度ではありません。

       ニチベイの遮熱スラット

          夏期4カ月で電気代が6893円おトク

これは、ブラインドもなにもつけないものと比較しての話です。しかも、ひじょうに都合のいい条件のシュミレーションです。この遮熱ブラインドと普通のブラインドでは同じ条件では夏場の4カ月で299円の電気代の差です。(ニチベイの調べ)

 

しかし、実際はどうか?

 

ニチベイの資料によりますと、ブラインド付近の体感温度比較というのがあります。

(画像はクリックすると拡大します。)

これによりますと、白系のブラインドでブラインドから10㎝離れた位置で、遮熱ブラインドと一般ブラインドとの温度差は0.3度ぐらいですが1m離れた所の温度はほぼ同じです。

白系のブラインドでは、窓から1m室内側では遮熱ブラインドも一般ブラインドも体感温度はほとんど変わらないとニチベイが言っています。

グレー系のブラインドでは、少し差がでます。窓から10㎝のところでは、遮熱ブラインドと一般ブラインドの温度差は1度ありまして、1m離れたところでは0.6度ぐらいの差はあります。
2m室内側の資料はでていませんが、遮熱ブラインドと一般ブラインドはほとんど差がないのではないかと思います。

さらにいうならば、この資料をみると、グレー系の遮熱ブラインドは、白系の一般ブラインドより1m離れた所でも体感温度が高いのです。

それじゃ、ニチベイの遮熱ブラインドはあまり効果はないけど、タチカワは-3.7度なので効果があるのかというとほぼ同じ結果がでています。

タチカワはブラインドの温度での比較になりますが、スラットの色がベージュ系とグレー系で比較しています。

ベージュ系の一般スラットの温度が、36.1度に対して遮熱スラットの温度は34.8度です。

グレー系では一般スラットの温度が39.9度に対して遮熱スラットの温度は36.2度です。この差が3.7度あるということを強調しています。

しかし、グレー系の遮熱スラットは36.2度で、ベージュ系の一般スラットの36.1度より高いのです。

グレー系の遮熱スラットを使うより、白系の一般スラットを使った方が少しですが効果があるとタチカワはデータでだしているのです。

また、シュミレーションで電気代を出す時の概算条件でも、タチカワは電気料金を25.7円/kWhで計算しているのに対して、ニチベイは22.86円/kWhで計算しています。ほとんどのところがニチベイと同じ22.86円/kWhになっています。これだけみてもタチカワは1割程数字が高くなるのです。

そのため、メーカー同士の比較もしにくいのです。

今、ブラインドメーカーは、遮熱ブラインドに相当力を入れてPRしていますし、販売店も盛んに遮熱ブラインドを販売しようとしています。その熱をさますようなことを書きました。

私は、一般ブラインドに比べて、遮熱ブラインドは画期的に効果があるとは思っていません。

気休め程度の効果はあると思います。

遮熱ブラインド云々よりもブラインドをつけることによる遮熱・節電効果は高いのです。
ニチベイのデータにあるようにブラインドがあるのとないのとでは大きな差があります。

今、カーテンがついていて、さらに遮熱をすることを望まれるならば、カーテンはそのまま生かして窓の内側にブラインドを取付されることを提案します。

 

 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

シャネットうらだ2のモニター報告(写真編)

近畿地方は梅雨明けしました。

今年の梅雨明けは昨年より早く、短かったのですが雨量は多かったそうです。
局地的な集中豪雨が多かったようで、実感としてはよく降ったなという感じはしなかったです。

ニュースなどでみると各地で被害がでていまして、被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。

さて、本題です。

昨日のブログの続きで、あとから取付けできるレース用フラット裏地「シャネットうらだ2」のモニター報告写真編です。

千葉市のMさまが、実際に取り付けた様子を写真にしてヤフーフォトにアップしていただきました。

それを皆さまに公開させていただきます。(写真はクリックするとすべて拡大します。)


南西側の寝室
モニターでシャネットうらだ2を取り付けていただいたのは2階寝室の南西の窓です。

取り付ける前の状態

取り付け前取り付け前2

カーテンのサイズが巾200×丈211センチです。

裏地到着重さわずか162g

商品到着。重さはわずか162グラムです。

色合いは下の写真のようでシルバーで少しテカテカしてます。
色合い色合い2

レースに取付け
レースに取り付けレースに取り付け2

これは下の図のようにとりつけます。

うらだII説明図縮小版ロゴ入り

まずは、右側だけシャネットうらだ2を取付け

右側だけ裏地付き右側だけ裏地付き2

右側だけ裏地付き3

 

 両開きの右側だけシャネットうらだ2が取り付けてあります。
上部だけで接点をもたらせていますので
右上の写真のようにもなります。

←透け感の違いがわかりますか。
少しみえにくくなりますが、室内からは外は見えます。

外からみた写真です。

外から(裏地付き)外から(裏地なし)

上の写真の右側は何もつけていない方。
左側はシャネットうらだ2をつけている方です。昼間は外からは中はまったくみえません。

室内点灯時に外からみた場合

(室内点灯時)外から(裏地付き)(室内点灯時)外から(裏地なし)

(室内点灯時)外から上の写真の右側がなにもつけていない方。
左側がシャネットうらだをつけている方です。

シャネットうらだをとりつけると、夜室内で電気がついていても、外から中は見えにくいのです。

日中差し込む陽射しの違い
差し込む日差し

上の写真の左側はなにもつけていない方。右側がシャネットうらだ2を付けている方。

レースの前に温度計を置くと2℃の違いがありました。
温度計(裏地なし)温度計(裏地付き)

上の写真の左側がなにも付いていない方、右側がシャネットうらだ2付き
(写真はクリックすると拡大します。)

両方にシャネットうらだ2をつけてみました。
両方裏地付き3両方裏地付き2

外から その2
左の写真は両方にシャネットうらだ2を付けて外からみた写真です。

夜、室内点灯時

点灯時3灯時2

ここで、もう一度昨日のブログをお読みください。

この写真はすべてモニターのMさまが撮っていただいたものです。

私は感激しました。

まるで劇を観ているようです。   かんげき~ (観劇)

シャネットうらだ2はジャパネットたかたに対抗してネットでも販売いたします。

シャネットうらだ?価格表

シャネットうらだ2は断熱効果が高く、冬に取り付けますと保温性が高まります。
秋春は取り外して、やわらかい陽射しを入れて年4回カーテンで楽しんでください。


今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック
 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

3 / 3123

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.