カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

吹抜けは足場を組んで取付

昨日のブログに関連する話です。

昨日、戸建て住宅の吹き抜けに電動ロールスクリーンを取り付けました。

こちらの吹抜けは天井高が550㎝あり、足場を組んで取り付けました。

一条工務店さんの住宅です。

セキスイハウスさんは吹抜けに掘り込みカーテンボックスがあっても

床からの高さは530㎝で、旭化成ホームズさんの場合は510㎝です。

530㎝までならば、当店がもっている伸縮脚立をはしごにして取り付けることが

できます。

550㎝ならば足場を組んだ方が安全で取付が簡単なんです。

当店の場合は、自前でやりますので費用が足場設置代は別途

いただいていますが、15000円ぐらい(税抜き)です。

専門の業者に依頼して設置・撤去をお願いをすると50000円ぐらいかかります。

 

足場の組み立てやそこで作業するには、法律で講習会を受けたもので

ないとできないという規定があります。(労働安全衛生法 第59条3項)

私は資格を持っています。

 

詳しくはこちらのブログをお読みください。

 

これに違反すると、該当する者(事業者)は6月以下の懲役または50万円以下の

罰金に処する(労働安全衛生法第119条)となっています。

 

足場を組んで作業して、リスクを負って、法に違反していたら6月以下の懲役や

50万円以下の罰金になってもイヤですからね。

 

吹抜けの工事は当店に安心してお任せください。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

 

吹き抜け、天窓工事は早めにお願いします。

5月になりました。

5月は紫外線が一番きついのです。

私のブログで吹き抜けや天窓の工事のことをよく書いていると遠くからもよく

依頼をいただきます。

ご来店いただいた場合は、遠くでも喜んでいきます。

ご来店されずにとりあえず見てくれというのはお断りしています。

そのケースは、今までの経験からほとんど決まったことがないのです。

今日も奈良市のお客様の吹き抜けにロールスクリーンを取り付けに行ってきました。

遠方よりご来店いただきました。

吹き抜けが全面ガラスになっていて、梯子が使えず足場を組まないと

取り付けられないのです。

自前で足場を組んで取り付けるのは得意としております。

DSC05349

DSC05353

DSC05356 DSC05352

生地はニチベイのすだれ調ロールスクリーンのN6425

 

足場さえ組めれば、取り付けは簡単なんですが、吹き抜けの場合は

めちゃくちゃ暑いという問題があるんです。

当店では吹き抜け・天窓工事におきましては、5月までは通常価格で

6月7月8月9月は暑さ対策のための割増し料金をいただくようにしました。

これに納得・・・・夏得

出来ない場合は5月中にご来店いただきますようお願いします。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

高さ6m超の吹抜けにデュエット・シェードを取付ける

最近新築マンションのカーテンの実測に行って気付いたこととして、窓上に梁がきていて、カーテンボックスの取付け高さが210~220センチが主流になってきているのです。

1年程前までは、逆梁工法やアウトフレーム逆梁工法が主流で、梁が室内になくカーテンボックスが天井からか天井に埋め込んであり、カーテンの丈が240センチ以上だったのです。

これはカーテン業界にとっては大きな問題なのです。

天井が高いほど、生地もたくさん使いますし、既製カーテンではないサイズなので、オーダーカーテンとしてはおいしいのです。

どうして、従来のものに戻ったのか、逆梁工法に問題があったのか知りたくてツイッターでつぶやいてみました。

そうしたら、同業者がつぶやいてくれまして、『確かに最近はそのようになっている。」とのことでその方のSCTT(最高、カーテン、取付、高さ)は230センチで脚立がなくてもカーテンが取り付けられるようになったとのことでした。

随分、手の長い方がおられるんです。(笑)私のSCTTは215センチ。この丈までならば脚立なしで取り付けられます。

ツイッターでは、詳しいことがわからなかったのでヤフー知恵袋に聞いてみました。

困った時は、ここに質問を投稿すればほとんどが24時間以内に詳しい人が答えてくれるのです。

こちらをご覧ください。

どうやらコストとの絡みのようです。

 十数年前に、逆梁工法が出来た時は画期的な事で、我々はすごい恩恵を受けました。それがまた元に戻ってきているというのは影響がでてくるのです。

 

さて、本題です。

住宅の吹抜けが6M超あり、ここにある窓からの陽射しが暑くてたまらんということでハンターダグラスのデュエットシェードアーキテラを取り付けました。

商品をとりつけること自体は、すごく簡単なのですが、足場を組むことがけっこうたいへんなんです。

 

私どもは、けっこうこういうのに慣れてまして、2人で足場を組んで取り付けてバラすのに1時間で作業は終えました。でも、暑かった~

足場はレンタルですが、現場に応じていろんな組み合わせで用意できます。

高所作業は慣れた業者に依頼しましょう。

私は、型枠を運んだり持ち上げたりする役ですが、最近はおなかが邪魔をして思うように体が動きません。

 

ツイート    このエントリーをはてなブックマークに追加   

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房  

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.