カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

透けて見えて効果のある遮熱レース

昨年10月~今年の3月末まで毎日新聞で、京セラ創業者の稲森和夫氏の

「思い邪なし」という伝記が掲載されていました。

毎日これを読むのが楽しみでした。

これが終わって寂しいなと思っていたら、4月から日本経済新聞の「私の履歴書」で

ジャパネットたかたの創業者の高田明氏の話が連載されていて、これも

楽しみに読んでいます。

稲盛氏や高田氏の話ではいろんな教訓を得ることが出来、毎朝たいへん勉強に

なっています。

昨日の「私の履歴書」での話で、高田氏は最初は写真屋で現像サービスで価格競争に

なり、プリント代がだんだん下がっていき、利益が出せなくなっていく中で、

「早さ」で勝負するために新たに23分で仕上がる現像機を導入し、他社は

翌日渡しが限度のところ当日渡しを看板にしたことが書かれていました。

こうしたところ、1枚のプリント代が他社よりもかなり高くても注文は減らなかった

とのことです。

これなんかは我々の商売でもいえることで、目に見える差別化で「他社とどこが

どう違うのか」ということをお客様がはっきりとわかるものを用意していかなければ

ならないのです。

私も来月ぐらいに公にできる秘策を用意しています。

 

 

さて、本題です。

 

何度かブログに書いていますが、今、当店の一押しの遮熱レースを

紹介します。

このレースはタイのパサヤというメーカーの商品で遮熱効果がすごくありながら

透け感があり、室内から外が見えるのです。

 

昨日書いたカーテンバトンタッセルと同じ現場です。

遮熱効果を高くしようと思えば遮蔽すればよくて、そうなると部屋から

外が見えにくくなるのです。

タワーマンションを購入したのにレースを閉めているだけで外が

見えないのはつまらないのです。

2018年3月14日のブログ にも書いて言いますが、この商品はほぼ100%

遮熱糸を使っているため遮熱効果があるのです。

遮熱実験はこちらです。

 

なぜ、遮熱効果が高くて透け感があるのか?

 

メーカーの企業秘密的なこともありましてブログには書かないでほしいと

言われています。

お客様にはきちっと説明はできます。

この商品は

1)遮熱効果が他社品に比べて大きいです。

2)遮熱レースの割に透け感があり、室内から外もよく見えます。

3)昼間は外からは中はみえません。

4)防炎品です。

5)横使いでシームレスで巾継ぎが入りません。

6)ギラギラした光沢はありません。

7)グレー色のコーティングもしていません。

8)見た目はしっかりした普通のボイルです。

当店独自の縫製で、片開き3m以上のでも、簡易型形態安定加工をしていまして

プリーツがきれいです。

 

当店の一押しですが ちょっと高いのです。

でも、お値段以上の価値のある商品で私は惚れています。

 

取付けたお客様は、皆さん、その効果に喜んで頂いています。

自信をもっておススメできます。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

タワーマンションのバーチカルブラインドは暑い

サブタイトル

タワーマンションに透け感のある遮熱レースを取付。

 

ブログを書く上でタイトルが重要というのはよくわかっています。

今日のブログはタワーマンションのコーナーの住戸に今はバーチカルブラインド

(タテ型ブラインド)が付いているのですが、暑くて夏場は耐えられないという

ことで、今回はバーチカルブラインドを外して、カーテンレールを取り付けて

遮光1級のフロッキー加工のドレープと遮熱性が高く、しかも透け感の

あるレースに取り替えました。

この前のブログのタイトルが

「タワーマンションに透け感がある遮熱ロールスクリーンを取り付けました。」

だったので、今回は

「タワーマンションに透け感のある遮熱レースを取り付けました。」に

しようかと

思ったのですが、これじゃインパクトがないので、

「タワーマンションのバーチカルブラインドは暑い」にしました。

 

これは、タワーマンションの軒(のき)のないコーナーの住戸のことで、

普通のバーチカルブラインドだけならば室内は冬場でもけっこう暑いですよ

という話です。

 

タワーマンションでは、バーチカルブラインドはやめとけという話でもないです。

 

お客様の話として、10年間程お住まいで毎年暑くてたいへんでやっと

吊り替える事ができたということです。

 

南西の角の住戸で4面ガラスで3m、1,9m、3,3m、3,2mの巾のバーチカルブラインドが

ついていました。

これを外して、カーブレールを2分割で取り付けて、フロッキー加工

ドレープと遮熱レースを取り付けました。

カーブレールを使っていますので、真ん中にたまっているドレープは

両端まで動かすことができます。

レースはタイのパサヤの遮熱レースで遮熱効果が高いのですが透け感が

あるのです。

 

遮熱レースといってもいろんなものがあります。

最近の主流は遮熱糸を使っているものですが、ほとんどのメーカーの

商品は遮熱糸を30%ぐらいしか使っていないのです。

この商品はタテ糸にもヨコ糸にも遮熱糸を使っていて、遮熱効果が

すごく高いのです。

以前に西向きのペンションを2室借りて、一つはこの遮熱レース、もう一つは

普通のレースで実験をしました。そのブログはこちら

 

遮熱効果が高いのは、透け感がないものほどそうなりますが、この

パサヤの遮熱レースは透け感があって遮熱性が高いのです。

 

ドレープはフロッキー加工をしたもので遮光1級です。

 

ドレープのタッセルはクリップで止めるタイプです。

最近、カベに穴をあけてふさかけ金具をつけるのを嫌がるお客様が

多くなってきていて、当店では簡易型のクリップ付きタッセルで

対応していますが、これがひじょうに多いのです。

 

 

片開きで3mを超えていますが、簡易型の形態安定加工をしています。

 

幅の大きい窓で、化学繊維のポリエステル100%の商品を取り付ける時は

形態安定加工をされることをおススメします。

そうしないとカーテンの裾が広がってしまいます。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

PASAYAの遮熱レースを実験する

タイのファブリックメーカーで、ヨーロッパでも評価されているPASAYAが

夏も終わりかけたこの時期に遮熱レースを新発売しました。

メーカーから遮熱の仕組みと組成を聞くと、これは遮熱度が高くて、その割に透け感があり、

防炎品で、横使いでシームレスでひじょうにクオリティの高い遮熱レースだと

思いました。

dsc03060

しかし、輸入品で遮熱のデータがなく、実証できるものが必要なため、

ペンションの客室2部屋を借りて、自分で実験をしました。

 

ペンションは姉夫婦が経営しています「小さなホテル奈良倶楽部」です。

姉のご主人はプラント輸出の会社でサラリーマンをされていましたが、海外勤務の後、

奈良の地でペンションを経営されることになりました。

独立は私より1年遅く、今年創業28年だと思います。

当時、親戚の間では、私とどちらが早くつぶれるかなといわれていたのですが、

両方ともしぶとく商売を続けております。

姉は奈良に関する情報をブログでいっぱい発信しており、私どもはブログ姉弟(きょうだい)とも

いわれています。

dsc03016 dsc03014

 

 実験は西向きのだいたい同じような大きさの窓の部屋を2室借りて

14時から16時半までの間、1つの部屋にはPASAYAの遮熱レース、

もう一つの部屋には普通のレースを吊りこみ、時間とともに温度の変化をみました。

下は205号室で遮熱レースを吊りこみました。

 dsc03006 dsc03008

下は204号室で普通のレースです。

dsc03004 dsc03009

下の写真の右と真ん中の2つのタニタの温度計をつかいました。

dsc03010

13時58分の時点で温度が28,4℃ 湿度56%です。

右と真ん中は同じなのですが、左の温度計は0.2℃低い28.2℃になっています。

下の写真はPASAYAの遮熱レース

遮熱レースの割にかなりの透け感があります。

dsc03021

dsc03020

14時27分で33.1℃

 

下の写真は普通のレース

dsc03024

dsc03023

14時28分で 34.3℃

真西向きで、時間とともに直射日光がガンガン入ってきてだんだん暑くなっていくのです。

30分の時点で、遮熱レースと普通のレースとの差は1.2℃あります。

そして最終的に

%e9%81%ae%e7%86%b1%e5%ae%9f%e9%a8%93%e6%9c%80%e7%b5%82n

遮熱レースは16時29分の時点で33.8℃

 

%e9%81%ae%e7%86%b1%e5%ae%9f%e9%a8%93%e6%9c%80%e7%b5%82%e6%99%ae%e9%80%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b9n

普通レースの方は16時29分の時点で35.8℃になりました。

ほぼ同じ大きさの窓と部屋で隣どうしでの実験で、2℃の差がでました。

お金をかけていない素人の実験で、精度はよくないですが、部屋を移動したら

明らかに暑さが違うのです。

姉が部屋に来て、「暑さがぜんぜん違うな、このレースをそのままおいていって。」と

言ってましたので、体感的には遮熱効果の良さは自信を持っていえます。

なぜ、これだけ遮熱性が高いかということは説明を受ければ納得できましたが、

メーカーの企業秘密的なこともありましてブログには書かないでほしいと言われています。

お客様にはきちっと説明はできます。

1)遮熱効果が他社品に比べて大きいです。

2)遮熱レースの割に透け感があり、室内から外もよく見えます。

3)昼間は外からは中はみえません。

4)防炎品です。

5)横使いでシームレスで巾継ぎが入りません。

6)ギラギラした光沢はありません。

7)グレー色のコーティングもしていません。

8)見た目はしっかりした普通のボイルです。

 

今年の夏はひじょうに暑かっただけに、来年は春先あたりから遮熱レースを

求めるエンドユーザーが増えてくるような気がします。

東日本大震災のあとに遮熱レースブームが来ましたが、当時は「とにかく遮熱」という感じで

インテリア性がなく、閉めたら外が全く見えないというような商品もありましたし、

「遮熱」とすれば売れたのであまり効果のない遮熱レースもありました。

そのブームもいったん下火になりましたが、来年からは、また遮熱レースブームがきて

インテリア性があり、さらに効果の高い商品が人気になる予感がします。

そして、これだけ効果があると、夏と冬はレースを取り替える家が増えてくるのでは

ないかと思っています。

業界の片隅にいるものとして、これを仕掛けていきたいと思います。

 

レースは夏用、冬用の2タイプをつくって夏冬取り替えましょう。

 

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

暑さ対策商品(7) 遮熱レース

  大阪以外に出かける時に、お土産に何を持っていくか、けっこう悩むのです。

東京の人は、みやげでは「東京ばな奈」が人気とかで、それを持っていけば

間違いがないのかなと思いますし、名古屋は坂角総本舗の「ゆかり」でしょうか?

大阪土産で一番人気なのは、「551蓬莱 の豚まん」のようなのですが、

個人宛ならいいのでしょうけど、会社宛に持っていくのにはちょっと

考えるのです。

私は、最近は江崎グリコのプレミアムポッキーの「バトンドール」を

持っていくことが多くなりました。

160627-162740_R

160627-162726_R 160627-162721_R

 この間までは、関西で3店舗しか販売されていなかったのですが、

4月に博多にオープンしました。

関東や名古屋には販売されていない商品で、東京や名古屋に行くときの

手土産にしてまして、「これ、関西にしか売っていないですよ。

阪急百貨店梅田店で並ばんと買えないんですよ。」と

能書きを述べながら、お渡しをするんです。

そうするとありがたくいただいてもらえるのです。(笑)

 

さて、本題です。

暑さ対策商品で遮熱レースについてです。

遮熱レースに関しては何回もブログに書いてきました。

ほんとうに効果があるのかという問題に関しましては、私は室内の

温度が普通のレースをつけているのと比較して1℃ぐらいの差がでるぐらいの

効果はあると思っています。

たった1℃ですが、この1℃は大きくて、夏の夜中の寝室の冷房温度を

何度にするか夫婦間で揉めて、1℃の差で寝室が別になり、やがて離婚に

繋がっていく可能性もあるぐらいなんです。

 

電気代の金額にして、6月から9月までの4か月で、普通のレースを

つけているのと比較して、月に110円ぐらい節約できるレベルです。

 

遮熱レースは5年前の東日本大震災のあとに、大ブームになり、

なんでもかんでも「遮熱」とすれば売れるみたいなところもありました。

その基準もなかったので、各社が好き勝手なデータを並べていまして、

何もつけない時と比べて6℃ぐらい温度差がでるような宣伝も平気で

されていました。

小さな箱での実験では、そのようになったかもしれないのですが、現実的で

ないことをアピールしたり、これが遮熱というような商品まで遮熱と

うたわれていました。

インテリア業界の団体である日本インテリアファブリックス協会も

これでは消費者の信頼を得られないということで、1年半かけて遮熱基準を

つくったのですが、その基準が甘くてほとんど活用されていないのが

現実です。

その中で、今はあまり変なのは淘汰されて、ファブリックメーカーが

「遮熱」と言っているのはそこその商品になってきました。

遮熱レース

 

問題点は、冬場は逆効果になりまして遮熱レースを閉めていると

あたたかい日差しが入ってこないのです。

 

当店では、夏用、冬用とレースは2組作って取り替えましょうということを

提案しています。

日本では、昔エアコンがなかった頃は、襖や障子を夏用冬用と

取り替える習慣がありました。

6月29日の日本経済新聞の夕刊の「住まいナビ」にも取り上げていました。

家も衣替え 簾戸で涼

画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大して読めるようになります。

(余談ですが、記事には6月26日のブログにも書きました

木製ブラインドも涼をとるにはいいと書かれています。)

 夏は襖を簾戸(すど)【関西では葦戸(よしど)ともいいます】に取りかえて

涼をとりましょうということです。

私も、小学5年生まで家にエアコンがなかったので、毎年この時期に

襖の交換を手伝わされて取り替えていました。

DSC01889

日本には、昔からこういういい習慣があるのです。

レースカーテンもぜひ、夏と冬に取り替えましょう。

 

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

クリエーションバウマンの遮熱レース SILVERコレクション

6月になり、以前にもブログに書きましたが、道路交通法が改正になり、

自転車の取締りが強化されました。

検索で「自転車」と入力すると、予想される言葉として「自転車 捕まった」と

いうのが出てきます。

そこからヒットするものを読んでいくと、1日以降取締りがされていて、

捕まっている人が多いようです。

今日も雨で、いつもなら自転車でいく距離の実測も、傘をさして片手運転で

いくと捕まるのではないかと思って地下鉄で行きました。

 

さて、本題です。

クリエーションバウマンのSILVER&STEEL COLLECTIONの遮熱レース

SHADOW Ⅲ406を取り付けました。

DSC05787

DSC05788

この商品は遮熱効果がひじょうに高いのですが、室内からは外はよく見えて

↓ 下の写真は室外からみたところ

DSC05793

DSC05795 DSC05794

昼間は外からは室内は全く見えません。

裏面はアルミニウムコーティングされていて、熱とエネルギーの侵入を

防ぎます。

フラットで作っていますが、織の美しさが魅力で平面的な感じが

しないです。

DSC05800 DSC05801

DSC05791 DSC05790

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

ボーダー柄レース

世界では、アメリカのオバマ大統領が支持率回復のために

急場しのぎでラウル・カストロ国家評議会議長と会談をしました。

大阪では、府市合わせになる都(と)どうなるのかと思いながら

府議会議員・市議会議員選挙に行ってきました。

 

大阪の新名所になるのか、森ノ宮の日生球場跡地に4月27日オープンする

もりのみやキューズモールの屋上に1周300mの屋上ランニングトラック

「エアトラック」が出来上がりました。

DSC05068

高速道路と同じ高さで1周300mで走りながら大坂城、あべのハルカス

生駒山が見えます。4月27日オープンで無料です。

 

新築マンションのリビングの巾460㎝の窓にボーダー柄のレースを

取り付けました。

DSC05072

スミノエのu-6067  遮熱ボイルです。

横幅の大きいリビングで奥行はあまり広くないため、ボーダー柄を

使うと広く感じる効果があります。

DSC05074

レースをあけると「エアトラック」が見えるとという話です。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

片開き460㎝の簡易型形態安定加工

昨日のブログにも書きましたが、形態安定加工というヒダをきれいに

出す加工はメーカー縫製では、大概が2倍使いで片開きで巾300㎝

までになっていて、大きなサイズでは不可です。

当店では、無限大に簡易型形態安定加工をすることができます。

 

タワーマンションのコーナーのリビングでL字に片側が460㎝、

もう一方が378㎝あります。

この場合は、片側ずつ、片開きで作って真ん中にたまりがこないように

するのがきれいです。

特に大きな窓はヒダがきれいに出ていると美しくみえます。

DSC04700

DSC04680

DSC04707

DSC04706

今回はレースのみ納品。

レースはスミノエのU6280

ポイントのボンボンをいれたストライプの遮熱ボイルで、

閉めていても比較的外がわかる遮熱レースです。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

1 / 512345

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.