カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

遮光のハニカムスクリーンを取り付けました。

どうなるど?トランプ 
ひらりと抜けるクリントン 
   
アメリカ大統領選はドナルド・トランプ氏とヒラリー・クリントン氏

の戦いになりました。

 

今日から営業しています。

ご来店をお待ちしています。

今朝、会社に来たらパソコンがインターネットにつながらないのです。

メールもホームページも見ることができません。

この時代にネットに繋がらないってひじょうに不便ですね。

ルーターの問題がありそうで、電源を入れなおしてもうまくいかないのです。

私はパソコンが苦手で、スタッフも皆、あまり得意ではないので、有事の

ために、月に2500円払って近くの業者とメンテナンス契約を結んでいます。

月々定額を支払っていますが、何かあると無料ですぐに来てくれます。

いろんな相談にも乗ってくれまして重宝しています。

今朝も9時に電話をすると10時に来てくれて、もう一度1から登録を

やり直すとうまくできました。

やれやれ

 

さて、本題です。

 

昨日書いたブログでは、ルーセントホームの「シェルシェード」について

でした。

別のタワーマンションでは、このハニカムスクリーン「シェルシェード」の

遮光のものを取り付けました。

こちらは南西の角で、南面は6m80㎝で5枚に分割されていて、

西面は3m60㎝の窓で3枚に分割されているのですが、開けることの

できないFIX窓なんです。

取り付けたのは5月2日で、大阪は最高気温が28℃ぐらいあった日です。

室内は温室状態で、朝の10時で28,2℃ありました。

DSC01805

DSC01809

DSC01810

生地は完全遮光のもので光は通しません。

サッシのところで分割していますが、その隙間も3㎜ぐらいなのですが

生地が遮光なので、そこからの光漏れが目立ちます。

DSC01800 DSC01801

表側はココア色ですが、裏側は白です。

DSC01825 DSC01824 DSC01823

画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度

クリックすると拡大します。

遮光の生地ですが直射日光の強い面だけ閉めて、もう一方を開けておくと

そんなに暗くはなりません。

完全に閉めないで裾の部分を少し開けるとかなりの明るさは保てます。

 

DSC01811

取り付け後、シェードを降ろして8分後に0,3℃温度が下がりました。

時間が経つごとに温度が下がっていくのを感じました。

DSC01822

次の現場があったので、じっくり温度計で測る時間がなかったのですが、

お客様は、閉めた途端、ひんやり感がぜんぜん違うとおっしゃってください

ました。

私もこんなに違うのかと思いました。

ここは思い切って遮光のハニカムスクリーンにしてよかったと思います。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

遮熱レースは効果があるのか

 この度の平成28年熊本地震において被災された方にはお見舞い

申し上げます。

また、お亡くなりになられた方には心よりご冥福をお祈りいたします。

私自身は熊本には行ったことはなく、阪神大震災の時は関西にいなくて

大きな地震は経験したことがないのです、毎日の報道をみていると

心が痛みます。

大したことはできませが、微力ながら店頭で販売していますハギレの

売り上げは今後、日本赤十字社を通じまして被災地に寄付させていただきます。

2011年3月以降、はぎれの売り上げは東日本大震災復興支援や

広島の土砂災害復興支援のために全額寄付させていただいており、

総額で100万円を超えました。

お買い上げいただいお客様の善意のお金だと思っています。

はぎれは10枚で500円で販売をして全額寄付しております。

できれ、今後ともはぎのお買い上げをお願いします。

DSC01555

けっこう大きくていい商品があります。

 

さて、本題です。

 

タワーマンションのリビングの大きな窓に遮熱レールを吊りました。

DSC01482

DSC01481

長さ8m40㎝の台形の大きな窓で、2倍使いの両開きで形態安定

加工をして、裾は本縫いウエイト巻きロックです。

生地は川島織物セルコンのFT0582の遮熱性のある機能性レースです。

機能性レースには、花粉キャッチレース、保温レース、防カビレース、

防汚レース、黒ずみ防止レース、UVカットレース、消臭レース、

アレルバスターやいろんなものがあるのですが、ほんとに効果があるのか

わかりにくいのですが、遮熱レースははっきり効果があると思います。

 

これって、気のせい?  (機能性)

 

DSC01495

カーテンを開けると暑いぐらいなのですが、閉めると直射日光は

和らぎまして、暑さは感じないです。

DSC01494

でも、遮熱レースっていっぱいありまして、

日本インテリアファブリックス協会(NIF)でも基準は作られたんですが、

あまりにも緩やかな基準のため、各社独自の基準をつくって併用しています。

遮熱効果は、光の透過率が低ければそれなりに効果があります。

しかし、私は外が見えないレースというのもいかがなものかなと

思っています。

外が見えないレースは室内が暗く感じます。

 

川島織物セルコンの生地は独自に透過率、遮熱性のランクや、紫外線カットの

レベルなどのデータが見本帳に詳しく載せていますのでわかりやすいのです。

このFT0582は透過率26.24%です。↓

DSC01483

先日、フラットバルーンで納品した川島織物セルコンの遮熱レース

PY1406は透過率19.99%です。 ↓

この場合は、フラットバルーンで上にあがりますのでまったく問題はないです。

DSC01545

 

私は、遮熱性も必要かと思いますが、レースはある程度、室内から

外が見えるものがいいと思っています。

 

 

冒頭の文章で、「熊本がんばれ」を赤字でピックアップして

強調したのですが、わかっていただけたでしょうか?

わかった人は、はい⇒クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ : ,

透け感のある遮熱レースは効果が薄い

暑いですね。

暑くなると暑さ対策商品を求められるお客様が増えまして商品が動きます。

商売的には夏は思い切り暑く、冬は滅茶苦茶寒いのがいいのです。

個人的には暑さは苦手なので、暑いと体力的にきついのです。

夏場になると遮熱レースを求めて来られお客様が多いのです。

だからと言って、遮熱レースを冬場に取り替えられるかというと

ほとんどそうではありません。

遮熱効果の高いレースは、遮蔽性がありまして透け感があまりないのです。

夏場はそれでもいいのですが、冬はうっとうしいと思うのです。

その中で、デザイン重視で透け感のある遮熱レースというのも

あります。

この遮熱の基準というものがありまして、業界のメーカーの団体である

日本インテリアファブリックス協会(NIF=ニフ)が1年半かけて、

2〜3年前に作ったのですが、NIF会員企業間で考え方の違いがあり

まったく浸透していません。

今や、それを知っているのはメーカーの商品企画の担当者だけで、

その場できちっと説明できるメーカーの営業員はいないのです。

もちろん、販売店のスタッフにもいないのです。

私も忘れました。

メーカーが見本帳に「遮熱」と書いていれば、販売店はデータを求める

ことなく、「これ、遮熱レースですねん」といって販売しているのが

現状です。

DSC06256

DSC06259

DSC06270

フジエテキスタイルの遮熱レースFA1622SLで、お客様は透け感のある

遮熱レースを求めてフジエテキスタイルのショールームで選んで

来られました。

DSC06266 DSC06255

すごく格好いい遮熱レースです。

 

でも・・・・・・

取り付けたあとに行きましたが  あつい!!!!

お客様もよく理解していただいており、リビングなので景色が見えないのは

嫌だとおっしゃっていまして、これを選んでいただいています。

 

別の部屋は透け感のない遮熱レースを選んでいただいています。

DSC06269 DSC06267

画像はクリックすると、別のページに飛びまして、そこでもう一度

クリックすると拡大します。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

タグ : ,

タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)だけじゃ暑い

最近、よく相談を受けるのは「タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)を

付けているんだけど暑いのでなんとかなりませんか」ということです。

現場によって取り付けているところが違いますし、タテ型ブラインドは

スラットを垂直にした場合、けっこう出幅がありますので、他になにが

をどこにつけられるのかをその都度現場をみて考えなければなりません。

 

先日、西側の窓に業務用のタテ型ブラインドがついている事務所から相談があり、

ご来店いただいたのちに現場に行ってきました。

 

当店の施工ではないのですが、スラット(ルーバー)は遮光1級の

ガラス繊維にPVC(ポリ塩化ビニール)を両面にラミネートした商品です。

これならば暑くないのではと思ったのですが、けっこう熱を持って

暑いとのことでした。

ご来店時の希望としては、このタテ型ブラインドはそのまま残して

冬場は取り外せるカーテンがいいとのことでした。

カーテンボックスの中に1本レールをつけてカーテンがつけられるか

どうか見てほしいとのことで伺いました。

カーテンボックスには、レールを取り付けることはできるのですが、

カーテンを開閉することができるスペースはありませんでした。

そこで、カーテンボックスの奥側の木枠にレールを直付けして遮光のカーテンを

つけることにしました。

現状は

DSC05871-1

閉じても

DSC05869-1

スラット(ルーバー)が熱を持っていて暑いのです。

そこで

DSC05872 DSC05873

奥にレールをつけて

DSC05874

カーテンをつけました。

DSC05876 DSC05875

暑さ具合がまったく違いました。

DSC05880

カーテンは開けた時の納まりのことを考えて、1.3倍の一つ山で

簡易型形態安定加工をしています。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

あとから取り付けるレース用の遮熱裏地

消費税増税の駆け込み需要が多くて運送便が乱れに乱れて大いに迷惑をしています。

本来、翌日の朝に着くものが、1日遅れで翌々日になったりして、工事段取りが狂い、

あとから遅れた商品だけをまた取り付けに走ったりしなければなりません。

ネット販売の荷物がひじょうに多くて、ヤマトの営業所に行ったら、ワゴンにアマゾンの

商品がいっぱいあるのです。

これじゃ、ジャングルで荷物を探すようなものです。

 

さて、本題です。

 

これから夏にかけて紫外線がひじょうに多くなります。

遮熱対策は今です。

当店の売出し中の商品。

あとから取り付けるレース用着脱可能遮熱裏地です。

以前に取り付けたお客さまで、別の部屋を追加でいただきました。

DSC01002

上の写真は遮熱裏地を取り付ける前です。

下の写真は左片方だけ遮熱裏地をつけたところ

DSC01005

DSC01003 DSC01007

遮熱裏地はフラットでフックに引っ掛けていくだけです。

着脱も簡単です。

今回取り付けたのは、もっとも遮熱効果の高い「シャネットレース80」です。

レースの2重吊りになりますので、室内からも外は見えにくくなります。

DSC01008

冬場は外していただくのもいいですが、裏地をつけることによって空気層ができまして、

断熱効果がアップもします。

今日のブログは良かったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

日本インテリアファブリックス協会の遮熱基準

東日本大震災後の節電ブーム中、インテリア業界では遮熱商品が大ヒット

しました。

何でもかんでも「遮熱」とすれば売れるという中、統一された基準もなく、

メーカーでも独自に基準設けて「遮熱」としていました。

その結果、どの遮熱商品が効果があるのかもさっぱりわからないので

インテリア業界で統一した基準をつくれと言うことを私も盛んにブログに書いてきました。

2011年8月に、日本インテリアファブリックス協会で、

その委員会が立ちあげられて先月の2月14日に

先に「遮熱マークの運用を開始しました」というのホームページ上に

発表されました。

これを読んでも身内の人だけがわかっているという内容で、「遮熱レースの定義と規格」に

ついてきちっと発表されたのかを日本インテリアファブリックス協会に電話してきいたところ、

2月25日にホームページ上にこそっと「遮熱レースの定義と規格」というものが発表されていました。

インテリア業界として、1年半かけて検討してきたものであり、

これを国や官公庁に発表することによって大いにアピールできる千載一遇のチャンス

なんですが、ニュースリリースとして対外的に発表をしていないのです。

これを取り上げたのは、業界紙では、インテリアビジネスニュースだけで、もう一方の

業界紙である室内装飾新聞の3月号には一切ふれていませんでした。

(4月2日・記 2日に届いて4月1日号には書かれていました。)

日装連の新聞には書かれていました。

ネットの検索で「遮熱レースの定義と規格」について調べてみても他のメディアが

取り上げている様子がないのです。

日本インテリアファブリックス協会は、インテリアメーカーの団体で業界の親玉なんですが

まったくまとまりがなく、指導力もなく、やる気もなく、なんか変なんです。

今回出来上がった基準というのは、

試験方法をカケンレフランプ法(インテリア法)というやり方で公平性を保つために

サーモカメラを用いてやるというのです。

その結果、遮熱率が25%以上ならば、インテリア業界のメーカーの団体である

「遮熱」のお墨付きを与え、マークの使用を許可するというものです。

この遮熱率25%というのが、どの程度のものかよくわからないのですが、

メーカーの関係者に聞いたところ、ひじょうに甘い基準で今出回っている

ミラーカーテンでもほとんど遮熱基準を満たすとのことでした。

こんなんでいいんでしょうか?

ひじょうに遮熱効果の高い商品もそうでないミラーカーテンも同じレベル「遮熱」の

認定をすれば、エンドユーザーにはかえってわかりにくくなるのではないでしょうか?

エンドユーザーはそっちの遮熱カーテンとこっちの遮熱カーテンもしくは

ロールスクリーンとではどちらの方が効果があるのかを知りたいのです。

手前みそですが、3年前に私がYou Tubeにアップした

遮光カーテンの1級と2級の違い」は15000回のアクセスがあり、

「よくわかりました」というお礼のメールがよくきます。

今回の遮熱基準では1級2級3級というのはありません。

このマークがついていれば「遮熱」商品としてのお墨付きが与えられます。

これは日本インテリアファブリックス協会(NIF)認定のマークですが

ホームページのNIF機能性表示マークのところには載っていません。

(2013.3.31現在)

 

先日、フジエテキスタイルの新作のプロファイルの遮熱レースを納品してきました。

この商品は展示会の時にチーフデザイナーが、この商品でも

NIFの基準でいけば「遮熱」なんですとおっしゃっていましたので気になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PF1705 ミズユキという商品です。

データは公開されていませんが、フジエテキスタイルの見本帳には漢字で「遮熱」と

書かれています。

室内にいてるとけっこう光が差し込んできまして、外もよく見えます。

インテリア性もよくてひじょうにいい商品です。

でも、「遮熱・遮熱」といって遮熱性を重視してお求めの方にはちょっともの足らない

かもしれません。

 

今日のブログは役にたちましたか?        はい、クリック

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

 

遮熱効果はプレーンでも2倍ヒダでも同じなのか?

今年は自治体が中小企業の節電策を支援するようになってきました。

東京都はLED照明器具を導入した中小企業の法人事業税もしくは個人事業税を減免したり、大阪府は中小企業の事業協同組合などがLED照明などを導入する際の融資制度を新設したりしています。

この対象商品になぜ遮熱ブラインドや遮熱ロールスクリーンは入らないんでしょうか?
もし、対象となれば需要増大が見込まれ、インテリア業界が潤うと思うのです。

インテリアのメーカーは大きな数字を並べて、遮熱ロールスクリーンの「コルトエコ」を取り付ければ16635円お得と言っているのに、どうして国や自治体に対してアピールしてくれないのでしょうか?

さて、本題です。

タチカワがチラシをもってきてくれました。7月2日に新しい商品がでて、今回はカーテンやローマンシェード(プレーンシェード)に力をいれています。

タチカワにはカーテンからブラインド・ロールスクリーンまで取り扱う唯一のメーカーとして、きちんとした比較データを出して頂きたいものです。

今回いただいたチラシです。

 

(画像はクリックしてもう一度クリックすると拡大します。)

ひじょうにわかりやすい説明で、今付いているカーテンに遮熱効果のあるブラインドを取り付ければ、カーテンだけよりも2761円お得ということです。

裏側にどういう条件でのシュミレーションが書かれていてリビングの2窓で夏季4か月間で、窓ガラスは12ミリの複層ガラスで設定温度は26度になっています。

これならば、トーソーの遮熱ロールスクリーンを取り付けた方が16635円も得だから、5倍以上も効果があると思わないでください。あまりにも条件が違いすぎるのです。

裏側です。

タチカワの遮熱効果のある商品とタチカワの普通のレースと比較してどれが効果があるのかを説明しています。

もっとも効果のある木製ブラインドが載っていないのが気になります。多分、遮熱性の板がないから載せなかったのだと思いますが、木製ブラインド自体が熱を伝えにくいのです。

もっと気になったのは、これです。

遮熱性のあるレースでつくったローマンシェード(プレーンシェード)と同じ生地でつくった2倍使いと思われるレースの数字が同じなのです。

これじゃ、同じ生地ならばフラットでも2倍ヒダを取っても遮熱効果は同じですよということになります。

そこで、ツイッターでつぶやいたのです。そしたらタチカワの場合はユーザーの問合せにたいしてもまじめにこたえてくれる部署があるのです。

トーソーも熱心にツイッターで情報発信をしていますが、いいことをつぶやくと「ありがとーそー」といってすぐに反応があるのですが、耳の痛いことをつぶやくと反応がないのです。

タチカワのつぶやきは

@konnyann   弊社におきまして、カーテンはフラットスタイルをモデルに省エネシミュレーションを行っております。そのため、同じ生地の場合、ローマンシェード(フラットスタイル)と同じ結果となります。

2倍使いのレースの写真を載せておきながら、シュミレーションはフラットスタイルでやっているとのことです。

ですから、どんな生地をつかってもローマンシェード(プレーンシェード)と2倍使いのカーテンは同じ数字がでるとのことです。

    意味ないじゃん。

カーテンの場合、フラットにしても1.5倍使いにしても2倍使いにしても遮熱効果は同じなのでしょうか?

データがないからよくわかりません。

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

2 / 1012345...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.