電動 » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

店内の展示のなすすべはナスノスの電動

インターネットの記事を読んでいると、「財布を紛失した時にある物を入れる

だけで戻ってくる確率が格段に上がる」というのがありました。

財布の紛失金額が1年で84億円あるそうです。

そこから実際に届けられる金額が30億円で、そのうち21億円が持ち主に

返るそうです。

そんな中、あるものを財布にいれておくと88%の確率で戻ってくるそうです。

あるものとはなにか・・・・・

赤ちゃんの写真

だそうです。

以下、子犬の写真が53%、家族の写真48%、老夫婦28%、寄付証明書20%

写真が入っていない財布は15%

試しにやってみようと思っています。

 

さて、本題です。

店内を少しずつ新しい商品に切り替えていってまして、電動商品の展示に力を

入れてます。

と言っても以前に比べて2つ増えただけです。

店内の電動商品を動画で紹介します。

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

 まずは電動ロールスクリーン

施工例ブログはこちら

電動ロールスクリーン

開閉式調光型ロールスクリーンFUGA

施工例ブログはこちら

電動FUGA

電動バーチカルブラインド

施工例ブログはこちら

電動バーチカルブラインド

電動カーテンレール

施工例ブログはこちら

DSC05643

電動プレーンシェード

施工例はこちら(トーソーのリベルタ)

DSC05644

電気スタンド

DSC05646

電動木製ブラインド

施工例ブログはこちら

DSC05647

木製ブラインドを除いては1つのリモコンで動かすことができます。

ナスノスのマルチファンクションリモコン

これは各社がOEMでナスノスのモーターを使っているからです。

 

店内の展示でなすすべはナスノスの電動

 

電動商品の施工はどれだけやってきたかという経験と伝統 

ちゃう電動。

 

 電動商品に関してのブログは、パソコン版で左のカテゴリー分類の

電動」のところをお読みください。

今日の話は役に立ちましたか?  

役に立った場合は右のバナーをクリックしてください。

 ブログランキングの順位が励みになります。

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

吹抜けに電動ロールスクリーン12台取付

吹抜けに電動ロールスクリーン

吹抜けに電動ロールスクリーンを12台取り付けました。

大きなリビングの吹き抜けで普通のカメラでは全部を撮ることができなかったので、

スマホにネットで買った広角レンズ(1500円)を付けて撮りました。

 

DSC05065

使用したのは、ニチベイのサイレント電動式で8チャンネルリモコンを使って

2台ずつ動かすのに6チャンネル使い、上の6台を動かすのに1チャンネル、下の

6台を動かすのに1チャンネル、そしてオールの設定をしました。

DSC05066

今までは3台以上動かすときはナスノスのリモコンを使っていましたが、

ニチベイが8チャンネルリモコンを出したので使いやすくなりました。

生地は上の6台が遮熱タイプのN7165で下が普通の生地のN7071です。

 

実測に行ったときは、もうすでに壁紙が貼られていて、天井に6か所

電線が出ていました。

そのためコンセントの位置も動かすことができない状態でした。

上の窓は2窓だけ前倒しに開けることができるため、枠内にも取付ができず、

ロールを天井につけるとコンセントの位置と干渉するような状況でした。

コンセントを見えないようにかぶせるように取り付けることも考えたのですが、

そうするとロールスクリーンが部屋側に出すぎるのです。

2017-01-15 11.42.32

天井高が5m50㎝あり、上下で2分割しなければならないのですが、中間の位置には

電源がないのです。

下の部分には2か所ドアがあり、アームがでているのです。

2017-01-15 11.44.14 2017-01-23 12.14.56

これらの問題をクリアするために施工店として工夫したことは

1)電源のコンセントカバーをスリムタイプに変えて目立たないように白に塗りました。

DSC04897

2)中間に取り付ける6台はサッシに取り付けなければならないし、

ドアのアームに干渉しないようにしなければならないし、白色のメカを

付けると目立つので、逆回転仕様にしてカバーをつけました。

DSC05043

DSC05068

DSC05045

カバーはニチベイの傾斜天窓タイプのロールスクリーンのフレームを活用し、

トーソーの取付補助金具のプレートBにつけて手作りカバーを作りました。

本来は白ですが、FUGAの仕入先のWISさんで塗装してもらいました。

DSC04732

黒のサッシと一体感があり、全く違和感がなく最初からこのように出来上がって

いたように取り付けられました。

3)中間に取り付けるロールスクリーンの電源をどうするかという問題で、

真上のロールスクリーンとジョイントして、ジョイントコードをサッシに

這わせました。

これを目立たさないように黒のモールをネットでみつけ、ガラス側に貼り付け、

サッシをまたぐところは露出にしてコードを黒に塗って目立たないようにしました。

DSC05041 DSC04898

今回もメーカーに相談することなく、すべて自社スタッフでやりました。

メーカーのニチベイに聞いたのはカタログにオプション価格で電源ジョイントコード(C)

が商品巾2.7m用としか書かれていないので、これが実際は何mなのかということ

だけです。

これは大きな問題点で上のロールと下のロールの間が2m50㎝あり、電源ジョイント

コードが届くかどうかが問題だったのです。

足場も自社で組み立てました。

IMG_6672_R

こういうのも足場屋さんに頼んで現場で組み立ててもらうと最低5万円ぐらいは

かかりますが、当店は自社スタッフでやりますので価格は3分の1以下です。

DSC05044

DSC05046

DSC05049

 

お客様は最初は上の6台だけ電動にして、下は手動にしようと思っておられましたが、

全部電動にしてほんとによかったとおっしゃっていました。

これからは高齢化社会になっていく中で、インテリアの電動商品ももっと普及して

きます。

設計段階で、まずは窓の近くに電源コンセントを作っておくことが重要で、

早めに経験豊富なインテリア専門店に相談されることをおススメします。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

吹抜けにナスノスの電動バーチカルブラインドを取り付けました。

 これから力をいれる商材はインテリア関連の電動もの

以前ブログにも書きましたが、当店は今後インテリア商材で電動商品に力を入れていきたい

と思っていまして情報発信をしていきます。

吹抜けの工事や電動ものの工事はよくやっています。

電動は12月だけでも6件あり、エンドユーザーにかなり浸透してきた感があります。

以前はブログネタとしてよかったのですが、最近はごく普通となってきたので何か

テーマをみつけないと書けないのです。

今回は吹き抜けにナスノスの電動バーチカルブラインドを取り付けました。

dsc03934

 

ナスノスを選んだ理由

 

吹き抜け部分の2台は電動で、下のリビングはニチベイのアルペジオのセンターレース

です。

電動部分もレールはナスノスですが、生地は下のリビングと同じニチベイのものです。

ナスノスはモーターの会社で、電動のカーテンレール、ロールスクリーン、

バーチカルブラインド、シェードなどをつくっていまして、メーカーに

OEM供給したりしています。

バーチカルブラインドではクリエーションバウマンの電動はナスノスのものです。

1)今回はナスノスの電動のメカにしたのは、正面付けしかできないので

配線がきれいに隠れる商品として選びました。

メカだけナスノスでスラットはニチベイから買っています。

dsc03923

ヘッドレールの溝に電源コードを隠すことができます。

コードの長さを指示すれば、そのサイズでつくってくれます。

2)ヘッドレールの上面がフラットで溝になっていないので、正面付けでもホコリが

たまりにくいのです。

 

dsc03925 dsc03932

dsc03933

3)ナスノスの電動バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)は音が静かです。

リモコンもすっきりしていて、個別一斉操作ができます。

dsc03944

dsc03938

4)コントロールユニットは別につけなくてもレール一体型になっていてスッキリです。

5)受光部も内蔵されていて別につけなくてもいいです。

 6)電動商品に安心感があります。

7)工場出荷時にすべて設定をしてきてくれるので、現場ではコンセントに差し込むだけで

取り付けが簡単です。

スマホで動画も撮っていますが、動画はLINE BLOGやフェイスブックにアップして

います。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

吹抜けの調光スクリーンは逆回転仕様

 吹抜けに電動の開閉式調光型ロールスクリーン「FUGA」を6台取り付けました。

dsc03872

dsc03883

FUGA電動のいいところは、連窓につけるときにコンセントが1つしかなくても

1台ずつ繋いでいけるのと、線を本体の中に隠すことが出来まして、配線がひじょうに

きれいです。

アダブターも必要ないです。

永年インテリア商品の電動ものの工事をしていると、線が見えるのは当たり前のように

思っているのですが、エンドユーザーは線がみえることをひじょうに気にされます。

dsc03870

上の写真は3台をつないで、線をヘッドレールの中に隠します。

dsc03875-1

 こちらの現場の施工側としてのアピールポイントは、吹き抜けに遮光の生地でとりつけて

いますので、より光漏れを防ぐために逆回転仕様にしていることです。

本来の調光ロールスクリーン(開閉式調光型ロールスクリーン)は後ろから前に傾斜します。

dsc03951

上の写真が本来の姿です。

吹抜けに取り付けると、下から見上げる形になるので、光が漏れるように見えます。

下の写真は完全に閉めていないのですが、このようなイメージです。

dsc03953

それを防ぐために逆回転仕様で前から生地がでて、スラット生地が手前から

後ろに向かって斜めに降りるようにしています。

dsc03874

dsc03890

dsc03884

全開するとまったく気になりません。

dsc03887 dsc03888

FUGAは現場に応じていろんな仕様で対応してくれるの使いやすいです。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

今後力を入れていく商材は電動商品

先日、インテリアの業界紙から専門店向けにメールでアンケートがきました。その中で、

Q5.
 今後取り扱いを強化する(強化している)商材をお聞かせください。(複数回答可)


1)オーダーカーテン
2)メカモノ関連
3)エコ内窓
4)壁紙(国内ブランド)
5)輸入壁紙
6)デジタルプリント壁紙
7)化粧フィルム
8)ガラスフィルム
9)ペイント
10)カーペット(敷き込み)
11)ラグ・マット類
12)タイルカーペット(住宅用)
13)フローリング
14)照明器具
15) 家具関連
16)インテリア雑貨
17)DIY雑貨
18)その他

というのがありました。

先月行われたインテリア業界最大のイベントであるJAPANTEX2016では

業界唯一の評論家であるインテリア文化研究所の本田榮二さんは、セミナーで

拡大が予想される商材として下の6点を挙げておられて、これらの商品に力を入れる

ように話されていました。

1)住宅用タイルカーペット
2)遮熱ブラインド&ロールスクリーン
3)飛散防止フィルム
4)エコ商材
5)壁紙用フリース
6)デジタルプリント壁紙

業界紙の選択項目は、主催者側が意図するものが優先されていると思うのです。

業界の2人の論客がおっしゃっているのは、遮熱ブラインド&ロールスクリーンを除いては

重なっていると思います。

私も、遮熱ブラインド&ロールスクリーンは過去の商品で、これから力を入れる商材とは

思いません。

数年前は、業界あげてリフォーム、リフォームと言っておられたのですが、

これはもう十分浸透したということなんでしょうか?

 

私はアンケートには18)のその他にして、電動商品、ホームオートメション化商品と

書いて回答しました。

 

当店としては、今後はインテリア関連の電動商品に力を入れていきたいのです。

電動商品といっても、そんなに難しいものではなく近くにコンセントさえあれば

簡単にとりつけることができます。

後から付ける場合は、配線の問題がありますので、きれいかそうでないという問題があり、

事前に十分な打ち合わせが必要です。

 

マンションのリビングに電動の開閉式調光型ロールスクリーンFUGAを取り付けました。

新築のマンションで実測に行った時に、エアコン用のコンセントが

あって、200V用と100V用の差し込み口があったのです。

エアコンには200V用を使われるので、FUGA 電動には100Vが使えるので

ラッキーと思いました。

dsc03675-1

でもよく見ると、エアコンのホースの壁からの出口とコンセントの位置関係を

みると、FUGA電動の線はカーテンボックスから出すと、エアコンのホースを

またぐことになるのです。

そこで、事前でコンセントに差し込む線を用意してお客様に渡して、エアコン屋さんが

工事されるときに電線をエアコンのホースの後ろを通しておいてもらえるように

お願いしました。

dsc03667 dsc03668

dsc03669

バッチリうまいことしておいてくれました。

その結果、きれいに納まりました。

dsc03672 dsc03673

電動商品は簡単なのですが、きれいに納めるというセンスは専門店ならではの

経験がものをいうと思っています。

 

今まであまり意識はしていなかったのですが、エアコン用のコンセントが200v用と100v用の

2つの差し込み口があるのは窓周りに電動商品を取り付ける時に応用が効きますので

便利です。

最近の新築物件は皆そうなっているのかは知りませんが、インテリア業界としては、

ハウスメーカーやマンションデベロッパーに対して、建築時にこのようにしてもらうように

啓蒙していく必要があります。

そうすると、インテリア関連の電動商品がもっと浸透していくと思います。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

タグ : ,

電動の開閉式調光型ロールスクリーン「FUGA」5台取り付け

5月4日は「みどりの日」です。

当店はこの大型連休の3日4日5日 は休業しています。

ブログは休み前に書いたものを時間設定でアップするようにしています。

 

 

タワーマンションのコーナーのリビングに電動の開閉式調光型

ロールスクリーン「FUGA」を取り付けました。

 

お客様は当初、電動のバーチカルブラインドを取り付けたいと思って

おられ、当店のポスティングチラシをみてご連絡をいただきました。

すでに2社ほどに見積を取っておられたのですが、2社の言うことが

バラバラで違うことをいうので、私に意見を求めてこられました。

私は、この場合は横にたまるより、上げた方がきれいなので

電動の開閉式調光型ロールスクリーン「FUGA」を提案しました。

 

長さが8m50㎝ある台形の大きな窓で、5台に分割しています。

DSC01836

DSC01842

DSC01839

今は、電動商品といってもひじょうに簡単で、本体は普通につけて、

それについている電源をコンセントに差し込むだけです。

金額もびっくりするほど高くはありません。

家の中の商品はほとんどが電動で、リモコン操作になっているのに

どうしてインテリア商品だけが電動の商品が少ないのかなと思っています。

販売する側の情報発信が足らないんだと思うのです。

ホームユース用は、簡単にできるように1台につき1つの電源コードが

ついていて、これをコンセントに差し込めばいいだけなんですが、

逆にいうと1台につき、1つのコンセントがいるのです。

これが何台もつけるときは不便なんです。

 

FUGAは電源ジョイントコードと電源ジョイントボックスで何台も

つないで1つのコンセントに差し込むことができるのです。

1台あたりの消費電力が4Wなので10台ぐらいつないでも平気です。

DSC01831

 

これが、すべて本体のレール部分に隠すことができます。

DSC01833

本体レールの横からコードをだしてつないでいきます。

DSC01832

 

最後はコンセントに差し込むだけです。

DSC01829 DSC01844

配線が全く見えずにきれいにできます。

お客様はそこのところにこだわっておられました。

リモコンで5台の一斉操作や個別操作ができます。

DSC01834

充電器の上に乗せているリモコン

動画です。

4倍速に変換しています。実際のスピードは、この4分の1です。

 

FUGA電動のいいところ

1)音が静かです。(35dB)

2)配線をレールの中に隠すことができて、家庭用と同じ普通の

 電源コードをコンセントに差し込むだけです。

3)モーターはナスノス製で、クリエーションバウマンの電動バーチカル

ブラインドやニチベイの電動ロールスクリーンにも使われていて日本での

実績があるので安心です。

4)メーカーが業者の立場をよくわかっていてくれて心強いです。

 ひじょうに柔軟な対応をしてくれます。

何も指示をしていないのに、本体にこちらの窓番号まで書いてくれていました。

DSC01830

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

電動の開閉式調光型ロールスクリーン「FUGA」を展示しました。

3月3日はひなまつり。

男性には関係のない行事ですが、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物や

さくら餅が食べられるので、その恩恵に預かりました。

IMG_4519_R近くの和菓子屋のさくら餅

ピンク色の色粉をつかっていなくて見た目ではなく味で勝負です。

ひじょうに美味しいのです。

 

 

ネットで話題になっていたので、ガリガリ君のさくら餅のアイスクリーム

ガリガリ君さくら餅

DSC00808 DSC00805

アイスなのにもちもちした感触でおいしいのです。

 

さて、本題です。

店内に電動の開閉式調光型ロールスクリーン「FUGA」が展示しました。

当店では、ハンターダグラスのシルエット、ニチベイのハナリ、トーソーの

ラクーシュのような商品を開閉式調光型ロールスクリーンと呼んでいます。

それに対して、トーソーのビジック、タチカワのデュオレ、ニチベイの

調光ロールスクリーン「レユール」のような商品を昇降式調光型ロールスクリーン

と呼んでいます。

「FUGA」の手動のものは、当店でも現物サンプルを展示しています。

詳しくはカーテン夢工房のスタッフブログもお読みください。

昨年あたりからインテリア関係者のブログを読んでいると、皆さんが

ひじょうに推しておられます。

広島県福山市のWISが発売元で、ひじょうに融通がききます。

電動のものは、メカ部分はナスノスで、こちらは安心できまして、

音も静かです。

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

下の写真は一番下で閉じた状態

DSC00803

下の写真は下の位置で開いた状態

DSC00801

開いた状態で上げることもできます。

DSC00802

店のロゴをデジタルプリントをしています。

今、流行のデジタルプリントに関しましては、後日書きます。

 

続く

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

1 / 5123...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.