カーテンの色による印象の違いとは〜暖色系〜

休日やランチタイムにカフェを利用している方は多いのではないでしょうか。

落ち着いた雰囲気と暖かい内装は、日常生活とは違う環境に身を置く事で癒しを得る事が出来ます。

自宅のインテリアをカフェっぽくしてみたいけれど、どのようにすれば良いのか分からないという方にオススメなのはカーテンから取り入れてみるという事です。

壁と床の次に、大きな面積を取るのが窓とカーテンではないでしょうか。
カーテンの雰囲気を変える事で、ぐっと部屋の印象を帰る事が出来ます。

カラーによって、大きく印象が異なります。
癒される空間を目指すなら暖かみのある暖色系がオススメです。

オレンジ色のカーテンは親しみやすさを赤色のカーテンは元気や温かさを与えることができます。

オレンジ色と赤色の相性は良く2色を上手く組み合わせているものも数多くあります。

また、茶色のカーテンは白のインテリアとの相性が良く、ナチュラルな印象を与えられます。
茶色と白、グリーン家具が揃うと自然を感じさせる雰囲気で、ストレスの緩和にも効果的です。

是非、憧れのカフェスタイルの部屋作りを目指すならカーテンにこだわってみてはいかがでしょうか。