カーテンの色による印象の違いとは〜寒色系〜

インテリアの印象を大きく左右させるものには家具やカーテンなど、お部屋の中で大きな面積を占めるものが中心となっていると言えるでしょう。

カーテンは住む人の好みだけでなく、お部屋の環境などにも配慮して選ぶと良いでしょう。

人の目に与える色の印象はとても大きなもので、わたしたちが身に着ける洋服などについても、季節ごとに選ぶ色が変わるものです。
お部屋のインテリアについても同様で、夏は涼しく冬は暖かく暮らせるのがベストです。

青色のカーテンは清潔感や誠実さを演出することができますので、客間として利用するリビングや書斎などにおすすめです。

エメラルドのカーテンは部屋を明るく見せることができますから、日当たりが不足している室内などにも向いています。

どちらも寒色系の色ですが、室内でお使いの他の家具との色合いに配慮して選ぶことをおすすめします。

お部屋全体が寒色系になってしまうと冷たい印象となってしまいますので、夏以外のシーズンには暖色系のファブリックを取り入れたり、ブラウンやベージュのラグなどを使用して大きな面積で印象を暖かくさせるなどの工夫が効果的です。

http://www.curtainkyaku.com/