色の黄金比ってご存知ですか?

色の黄金比ってご存知でしょうか。

これは、配色の比率を言います。

部屋などのカラーコーディネートも黄金比率にすることで、センスの良い色バランスになります。

色の黄金比率は以下のようになります。

ベースカラー:70%
メインカラー:25%
アクセントカラー:5%
部屋のベースとなる色は部屋全体の70%ほどになるように、ベースの色を決めます。

もともとの部屋の壁や床・天井など面積の広い部分の色をベースカラーにすると良いです。

一般的には、白などの淡色のほうが残りの色を決めやすくなります。

そして、次にメインカラーを決めます。

このメインカラーはソファーや家具などが該当します。

部屋の窓面積が部屋全体の面積に対して25%でしたら、カーテンの色をメインカラーにすると好きな色をメインにできます。

このような場合には、好きな色をカーテンで部屋のバランス設定ができます。

最後に、アクセントカラーをもってきます。

アクセントカラーは、部屋全体の面積に対して5%ほどの面積を占めるように、インテリアや小物アイテムなどで色を持ってくるとセンスのよい部屋のカラーに仕上がります。

http://www.curtainkyaku.com/