部屋を広く見せるカーテン術とは

部屋で大きな空間を占めるカーテンだからこそ、選び方によって部屋を広くも狭くも見せることができます。

白っぽい明るい色を着るより黒っぽい色の服の方が痩せて見えるように、カーテンでも薄い色の方が膨張色の効果で部屋に奥行きが感じられ広く見えます。
暖色系より寒色系の方が距離感も遠くなります。

カーテン自体は壁の色に近いものにし、天井ギリギリにカーテンレールを取り付けるようにするなどできるだけ壁に紛れ込ませた方が広く見えます。
これは全体的に統一感が出てくることにも関係します。

窓の周りはなるべく物を置かないようにして更に窓の輪郭をわかりにくくしましょう。

逆に薄い色の壁に濃い目のカーテンにすると活気あふれた雰囲気の部屋を演出できます。

寒色系だと寒々しいからいやだという人は壁の色よりも明度を抑えることによって部屋が広く見える錯覚を感じさせることもできます。

部屋を広く見せることも大切ですが、そこで暮らす人が暮らしやすい好みの色選びも大切です。
家具の置き方や鏡などを使った演出・光や照明によっても部屋を広く見せることは可能です。

http://www.curtainkyaku.com/