ビジネスホテルの部屋が昼間でも暗いワケ

ビジネスホテル普通は、ビジネスマンなど仕事関連での宿泊がメインです。

しかし、安い宿泊料金のため一般の観光でも利用されることが多くなっています。

一般の旅館や観光ホテルにしか宿泊したない人にとっては、ビジネスホテルに宿泊したときに気付くことがあります。

部屋に入ったときに、やたらと暗いことです。

これは、部屋の劣化を極力防ぐという理由があるからです。

太陽光が部屋の中に入ると紫外線の影響で部屋の設備が劣化します。

このように、机や椅子などの劣化を防ぐ効果も考慮して、遮光型のカーテンを使用しています。

さらに、夏場の気温上昇を防ぐことで、エアコンの電気使用量などの経費を削減する理由もありあす。

カーテンの向きにも秘密があります。

ビジネスホテルのカーテン配置は家庭の逆になっています。

普通はレースが外側で遮光カーテンが外側です。

しかし、ビジネスホテルでは、レースが内側で遮光カーテンが外側です。

これは、白くて薄いレースのカーテンが紫外線で劣化することを防ぐためです。

さらに、見た目の清潔感を高め、部屋の明かりをつけたときに白いレースのカーテンが光を反射して部屋全体を明るく演出できるからです。

http://www.curtainkyaku.com/